プロフィール一覧へ戻る

栗田拓

第16期

栗田拓

(くりたたく)

HP NPO法人トイボックス
http://www.npotoybox.jp/
http://www.facebook.com/npotoybox
略歴 NPO法人トイボックス理事・事務長
1969年生まれ。
千葉大学園芸学部造園学科卒業。
造園会社勤務を経て入塾。
在塾中より、全国30あまりの自治体の地域の活性化、地方分権に関わる。
2002年子どもと若者の成長のサポートとまちづくりを行うNPO法人トイボックスを創業。教育・被災地支援・障がい者支援など幅広い事業を実施。
公共施設の再生、商店街の活性化、ソーシャルビジネスの育成を通じてのひとづくり・まちづくりが専門。
テーマ まちづくり
経営
人材育成
活動地域 大阪府・福島県
  (2018年11月 現在)

塾生レポート

2000年2月
Cell City の根っこ
2000年1月
イメージと資金集め
1999年12月
水と都市 ~川辺を歩いて考えたこと~
1999年11月
自給できる都市 ~セルシティの一断面・人材育成と産業育成の調和~
1999年10月
セルシティ概論
1999年9月
株式会社マキシー破産顛末記2
1999年8月
株式会社マキシー破産顛末記1
1999年7月
地域内分権
1999年6月
常識論と常識破りな政策
1999年5月
空間からヒトへ、ヒトから空間へ
1999年4月
地域コミュニティの自治とふたつの事件
1999年3月
臨海副都心開発と都知事選1
1999年2月
住民参加のイベントと人づくり ~広島の未来どうすりゃ委員会の巻~
1999年1月
藤沢市「共生的自治」その後の展開(6)
1998年12月
藤沢市「共生的自治」その後の展開(5)
1998年11月
イタリア紀行1998
1998年10月
藤沢市「共生的自治」その後の展開(4)
1998年9月
藤沢市「共生的自治」その後の展開(3)
1998年8月
藤沢市「共生的自治」その後の展開(2)
1998年7月
藤沢市「共生的自治」その後の展開(1)
1998年6月
細胞都市序説9 「フィードバックシステムその1 行政審査制度」
1998年5月
ドラえもんの罪?
1998年4月
CANフォーラム活動報告
1998年3月
細胞都市序説8「細胞都市へのアプローチ~3つのレベル~」
1998年3月
細胞都市序説7「地域の自立と地方分権」
1997年11月
細胞都市序説6「ドイツのリサイクルと住民参加の手法」
1997年10月
細胞都市序説5「江戸とホータン(和田)、二つの自立循環型都市」
1997年9月
細胞都市序説4「まちは細胞都市をめざす(3)」
1997年8月
細胞都市序説2「まちは細胞都市をめざす(2)」
1997年7月
細胞都市序説2「まちは細胞都市をめざす(1)」
1997年7月
細胞都市序説1「はじまりは何度も書き換えられる予定の目次」
1997年6月
札幌YOSAKOIソーラン祭り
1997年5月
大串正樹氏への手紙
1997年4月
地方分権と人間観
1997年3月
札幌市リーディングプロジェクトに参加して
1997年2月
意識の広がりと時代の転換 ~基礎自治体の生きる道~
1997年1月
社会システムの“安定”とはなんだろうか?
1996年12月
再び、「地域とはなにか」
1996年11月
考え出すと眠れない話
1996年10月
地方分権の時代にむけて(自助と公助、どちらが得か)
1996年9月
炎の博覧会見学記(追加調査)
1996年8月
世界炎の博覧会見物記
1996年7月
社会トレンド予測の持つ意味と政治の役割
1996年5月
生態学的な地域、フラクタルな世界
1996年4月
「地域の主権化」家の職能

塾報

1999年8月
住民参加型まちづくりに何が必要か
1998年9月
首長よ、経営者をめざせ!
1998年5月
分権時代に生き残る地域とは何か
1998年2月
まちづくりは路面電車とともに
1996年11月
あなたの地域は生き残れるか
  1. HOME >
  2. 卒塾生一覧 >
  3. 栗田拓
ページの先頭へ