松下政経塾

社会課題を解決するキャリア

リーダーとしての素養を鍛える

パナソニックの創業者・松下幸之助が設立した松下政経塾は、理想社会のビジョンを描き、実践者になるための場を提供しています。

松下幸之助の写真

松下幸之助(1894 -1989)

日本を代表するエレクトロニクスメーカー、パナソニック ホールディングス株式会社の創業者。
1894(明治27)年、和歌山県に生まれる。9歳で単身大阪に出、火鉢店、自転車店に奉公ののち、大阪電灯(現関西電力)に勤務。
1918年、23歳で松下電気器具製作所(1935年株式会社組織に改め松下電器産業に改称。2008年パナソニックに改称)を創業。
1946年には、「Peace and Happiness through Prosperity=繁栄によって平和と幸福を」のスローガンを掲げてPHP研究所を創設。
1979年、21世紀を担う指導者の育成を目的に、松下政経塾を設立。初代塾長として舵を取り、94歳で永眠。

政治家、企業経営者、
社会起業家、教育者、研究者…
さまざまな分野で活躍する
リーダーを輩出しています。

研修概要 CURRICULUM

基礎課程(1年目~2年目)

塾生同士で切磋琢磨しながら、
ビジョンをつくりリーダーとして研鑽する。

国家の長期的展望は如何にあるべきか、国家を経営する指導者に必要な資質とは何か。
全寮制のもとで互いに切磋琢磨しながら自問自答を繰り返し、理想社会のビジョンに基づく実践者になるための志を固めていきます。

実践課程(2年目~4年目)

実践者として、
現地現場でプロジェクトに取り組む。

個別テーマに基づく研究・実践活動を展開しながら、ビジョンの具現化に取り組みます。
フォーラム開催等を通じて活動成果を広く社会に発信するとともに、各自の活動が厳しく問われる審査会に臨みます。

【1年目】基礎課程 【2年目】基礎課程 実践課程
【3年目~4年目】実践課程

松下政経塾とは About

卒塾生から
未来のリーダーたちへ To the leaders of tomorrow

  • 野田 佳彦
    野田 佳彦 〈第1期〉 衆議院議員

    私は、塾是にある「真に国家と国民を愛し」という言葉を胸に行動してきました。これからも松下塾主の描いた理想の日本に近づけるよう「正心誠意」力を尽くしていく決意です。志を同じくする未来の塾生を歓迎します。

  • 高市 早苗
    高市 早苗 〈第5期〉 衆議院議員

    在塾中に得たものは、今も日々の政策判断や行動に際して「物差し」としている確固たる価値観です。入塾される皆様、松下幸之助研究を極めてください。自らの使命への力強い信念が生まれ、行動規範が定まります。

  • 白井 智子
    白井 智子 〈第16期〉 NPO法人新公益連盟
    代表理事

    政経塾の現地現場主義に導かれて国内外の学校現場に飛び込み、不登校の子どもの支援という仕事に出会いました。学校をつくり、新しい法律もできました。誰も取りこぼさない教育をつくるために。今もずっと、政経塾の仲間との繋がりに支えられ続けています。

  • 松下 玲子
    松下 玲子 〈第25期〉 東京都武蔵野市長

    松下政経塾では決して諦めない事、チームワークや仲間の大切さを学びました。落選中、支えてくれる仲間を励みに諦めずに頑張る事ができました。成功の要諦は成功するまで続けることにあります。共に頑張りましょう!

  • 大谷 明
    大谷 明 〈第29期〉 茨城県ひたちなか市長

    「不易流行」。変えてはいけないものと、時代や環境に合わせ変えなければならないもの。その見極めは難しい。様々な出来事に対して判断を求められた時、判断の座標軸がないと流されてしまう。その軸を定める時間を過ごしてもらいたい。

  • 冨岡 慎一
    冨岡 慎一 〈第29期〉 WHOコンサルタント
    内科医師

    政経塾で過ごした3年は人生でもっともかけがえのない時間でした。今も変わらず超高齢社会における医療福祉の在り方を探究しています。一生崩れない志の塔を建てる場所、それが政経塾。志のある人に、人はついていくからです。

もっと見る

求める人材

求める人材

松下幸之助の求めた建塾の趣意を深く理解し、
自らの手で理想の日本と世界を創り出す強い信念と高い志を有する人材

松下幸之助の求めた建塾の趣意を深く理解し、
自らの手で理想の日本と世界を創り出す
強い信念と高い志を有する人材

応募資格
年齢22歳~35歳の方(エントリー時点)
年限
4年
処遇
資金
松下幸之助の理念に基づき、研修・研究に必要な資金をサポートします。
約270万円/年間~約500万円//年間
※研修課程(基礎/実践)および研究・研修実績の評価により変動します。
※寮費(3,500円/月)と食費は各自にて負担いただきます。
住居
全寮制(松下政経塾敷地内)
エントリー
新卒社会人
募集要項はこちら

現役塾生の声 Associates

政治/安全保障
42期生松田 彩

卒塾生たちの今 Almuni

NPO法人新公益連盟代表理事
第16期卒塾白井 智子
その他の動画はこちら

よくある質問 Frequently Asked Questions

  • Q入学金・授業料はいくらですか?
    A入学金・授業料は必要ありません。「生活の心配なく、研修に打ち込んでほしい」という松下幸之助の思いから、塾が資金を提供します。
  • Q仕事を持ちながら、研修することはできますか?
    A事前に退職してから入塾することになります。
  • Q必ず政治家を目指さなければならないのですか? 
    A松下政経塾は政治家を養成するところではありません。社会を良くするためには、さまざまなアプローチがあり、さまざまな立場でのリーダーが必要です。卒塾生も、政治家に限らず、経営者、研究者、教育者など、各方面で活動しています。
質問をもっと見る
第46期生(2025年4月入塾)
新入塾生を募集しています。
オンライン説明会

入塾を希望している方を対象に、塾の概要や研修方針などを説明いたします。現役塾生も交えた質疑応答の時間もございます。

【開催スケジュール】

  • 前期のオンライン説明会は終了いたしました。
    たくさんのご応募ありがとうございました。