プロフィール一覧へ戻る

城井崇

第19期

城井崇

(きいたかし)

衆議院議員/九州ブロック比例(福岡10区)/国民民主党
HP http://www.kiitaka.net/
略歴 1973年(昭和48年)北九州市門司区生まれ。田野浦小、早鞆中、門司高、北
九州予備校(2浪)、京都大学卒。松下政経塾、前原誠司代議士秘書等を経て、
03年衆院選で初当選。2005年衆院選で惜敗。政治浪人後、2009年衆院選で当選
(2期目)。文部科学大臣政務官、衆院予算委理事等を歴任。2012年、2014年衆院
選で惜敗、2017年衆院選 希望の党より立候補 80073票で比例九州で復活当選
1男2女のパパとしても子育て奮闘中。地元の教育・文化振興や保育園経営にも
携わる日々。和太鼓歴は35年超。
著作 「米軍基地跡地利用を推進する新たな組織の設立可能性に関する研究」(NIRA平成11年度特定研究助成A類・共同執筆)
平成12年度防衛庁主催「安全保障に関する懸賞論文」優秀賞受賞,「戦わないために戦いに備える」
テーマ 政治、とりわけ外交・安全保障及び教育
在塾中、特に関心を持って取り組んできた分野は、日米関係、東アジアと日本の安全保障、沖縄の基地とまちづくり
得意分野 教育、科学技術、安全保障、行政改革
活動地域 福岡県北九州市門司区、小倉北区、小倉南区
  (2018年11月 現在)

塾生レポート

2001年2月
私が日本で実現したい理念と政策
2001年1月
政策の「試食」をしてみませんか
2000年12月
出てくるコース料理をまずいという勇気
2000年11月
情報化と政治を考える
2000年10月
ダンスは一人じゃ踊れない
2000年9月
初志に立ち返る
2000年8月
日本とカナダ
2000年7月
筋を通すカナダ、計算するカナダ
2000年6月
カナダの思い(後編)
2000年4月
「戦略対話」実現のために
2000年3月
日本にとってのTMD
2000年2月
「戦わないために戦いに備える」 -自衛隊体験入隊-
2000年1月
人材育成の具体化、その実際
1999年12月
沖縄における「民」による政策提言、その可能性と限界<後編>
1999年11月
沖縄における「民」による政策提言、その可能性と限界<前編>
1999年10月
基地問題は「特例」でしか乗り切れないのか
1999年9月
沖縄はどんな「自分」になりたいのか
1999年8月
沖縄よ、お雇い外国人とタッグを組め!
1999年7月
変わりつつある沖縄・・・二元論を超えて
1999年6月
基地との関わりの数だけ沖縄のこころがある
1999年6月
北朝鮮工作船事件・ガイドライン関連法成立後の日本の安全保障 【後編】
1999年5月
北朝鮮工作船事件・ガイドライン関連法成立後の日本の安全保障 【前編】
1999年4月
北朝鮮工作船事件の検証

共同研究

1998年3月
ウズベキスタン共同研究 国内分析 … 人材開発・育成に関する報告書

外部発表論文

2001年11月
より安定した安全保障環境の構築への貢献に向けた防衛庁・自衛隊の役割 ―戦わないために戦いに備える―

塾報

2001年1月
政治家よ、「日本」を発信せよ
2000年5月
沖縄国際医療交流ゾーン構想
1999年8月
誰のための安全保障か?
1999年2月
中央アジア政策への提言(下)
1999年1月
中央アジア政策への提言(上)
  1. HOME >
  2. 卒塾生一覧 >
  3. 城井崇
ページの先頭へ