松下政経塾 The Matsushita Institute of
Goverment and Management

日本語英語

プロフィール 一覧へ戻る

プロフィール
吉田健一

第22期

吉田健一

(よしだけんいち)

鹿児島大学学術研究院総合科学域共同学系准教授(法文教育学域法文学系准教授を兼務)
HP http://www.inamori.kagoshima-u.ac.jp/yoshida/top.html
略歴 昭和48(1973)年2月 京都市左京区生まれ
平成13(2001)年4月 財団法人松下政経塾に入塾(第22期生)
平成16(2004)年3月 財団法人松下政経塾を卒塾
平成16(2004)年4月-平成19(2008)年9月
 松下政経塾卒塾の後、衆議院議員秘書、シンクタンク研究員などを経て、
平成20(2008)年10月 鹿児島大学稲盛アカデミー特任講師に就任
平成24(2012)年8月 鹿児島大学稲盛アカデミー准教授に就任
平成25(2013)年2月 鹿児島大学稲盛アカデミー人間教育部門長に就任
平成27(2015)年4月 鹿児島大学学術研究院学内共同教育研究学域准教授に就任
平成29(2017)年4月 鹿児島大学学術研究院総合科学域共同学系准教授(法文教育学域法文学系准教授を兼務)に就任
著作 【単著】
『「政治改革」の研究―選挙制度改革による呪縛―』法律文化社 2018年
『立憲民主党を問う―政権交代への課題と可能性―』花伝社 2021年
『55年体制の実相と政治改革以降―元参議院議員・平野貞夫氏に聞く―』花伝社 2021年

【分担執筆】
田村悦一・水口憲人・見上崇洋・佐藤 満編『分権推進と自治の展望』日本評論社 2005年
第4部「住民自治と市民」の中の第3章「地方議会論」

村上 弘・田尾雅夫・佐藤 満編『京都市政 公共経営と政策研究』法律文化社 2007年
第2章「政治的配置」(木村高宏・佐藤 満氏との共著)

佐藤 満編『京都市政治の分析』慈学社 2020年
第7章「京都財界・労働界と京都市政治」

【鹿児島大学学内講義向けテキスト・非売品】
『日本の経営思想』鹿児島学術文化出版 2011年
『陽明学入門』鹿児島学術文化出版 2011年

【論文】
「海部内閣期における政治改革の研究」(鹿児島大学法学論集第49巻第2号)2015年3月
「宮沢内閣期における政治改革の研究」(鹿児島大学法学論集第50巻第2号)2016年3月
「細川内閣期における政治改革の研究」(鹿児島大学法学論集第51巻第1号)2016年11月
「平成初期における政治改革論議の本質とは何だったのか」(鹿児島大学法学論集第51巻第2号)2017年3月 他多数
座右の銘 桃李不言 下自成蹊(『史記』李将軍 伝賛)
  (2021年12月 現在)

塾生レポート

2004年3月
卒塾にあたって
2004年2月
改めて政治・政治家とは
2004年1月
沖縄訪問を終えて
2003年12月
文化と教育
2003年11月
松下政経塾大阪フォーラム 「生きる力を養う教育をめざして~地域の教育力を考える~」報告
2003年10月
改革の先
2003年9月
子どもに先人の生き方と古典の知恵を―志行塾の試み―
2003年8月
法定外目的税は地方分権の切り札か
2003年7月
日本を取り戻し、日本を護る
2003年6月
東京シュタイナーシューレ研修報告
2003年5月
自治体の不登校対策の取り組みについて -「兵庫県立但馬やまびこの郷」での研修から-
2003年4月
義務教育制度改革の議論について
2003年3月
統一地方選挙活動報告―福岡県議会議員選挙での活動を通じて―
2003年2月
フリースクール研修報告(2)   ―「北海道自由が丘学園夕張スクール」編―
2003年1月
フリースクール研修報告(1)   ―「ラーンネットグローバルスクール」編―
2002年12月
日本の現状と私の心構え
2002年10月
教育基本法改正について考える
2002年9月
最近の文部科学省の方針について
2002年8月
畏れのない日本人・問わない日本人
2002年7月
日本型チャータースクール―新しいかたちの公立学校―を創る運動
2002年6月
政治家は哲学と理念・理想を語れ
2002年5月
教育改革と「ゆとり教育」がもたらすものについての議論を考える
2002年4月
日本の危機と道徳教育

研修レポート

2002年10月
100km歩行 感想
2001年1月
宗家研修 感想

塾報

2002年3月
政令指定都市議員と市民の意識研究
  1. HOME >
  2. 卒塾生一覧 >
  3. 吉田健一
ページの先頭へ