プロフィール一覧へ戻る

海老名健太朗

第22期

海老名健太朗

(えびなけんたろう)

HP http://www.facebook.com/ebina.kentaro
http://twitter.com/ebiken72
略歴 1991年 兵庫県立神戸高校普通科卒業
1997年 中央大学法学部法律学科卒業
1997年 第一生命保険相互会社入社(2001年退社)
2001年 (財)松下政経塾 22期生として入塾
2002年 投票所バリアチェック10000ヶ所全国運動 事務局長
 日本ユニバーサルデザイン検定協会(現、日本ユニバーサルデザイン研究機構) 事務局長
2003年 茅ヶ崎アロハ委員会初代委員長
 NPO法人CS21湘南理事
2004年 (財)松下政経塾 研究生
 青年社会活動コアリーダー研修 スウェーデン派遣団団員
 茅ヶ崎ユニバーサル音楽祭 副実行委員長
2005年 湘南新聞販売(株)入社(2006年秋退社)
2006年 NPO法人湘南スタイル 編集部所属
2007年 茅ヶ崎市議会議員選挙に立候補し、当選。都市建設常任委員会副委員長、総務常任委員会副委員長を務める。
2011年 茅ヶ崎市議会議員選挙に2度目の当選。
現在、環境厚生常任委員・農業委員を務める。
テーマ 「ノーマライゼーション社会の実現」~すべての人が自立し、自律でき、矜持を持つことのできる社会~
活動地域 茅ヶ崎市を中心とした湘南地域
メッセージ 私はこんな社会をつくりたい。
子供たちが自分たちの将来に対して夢を抱き、希望をもてる社会
大人たちが生き甲斐・働き甲斐を大いに感じて働ける社会
老人たちが自分たちのやってきたことに十分な達成感を感じ、
老後を楽しく謳歌できる社会
障害者たちが保護されるだけの対象ではなく、
社会の一員としてともに働ける社会
  (2013年10月 現在)

塾生レポート

2004年3月
ノーマライゼーション社会を目指して ~これまで これから~
2004年2月
茅ヶ崎アロハ ~5月15日・16日はアロハマーケット~
2004年1月
誰もが投票できる選挙を目指して! ~理想の投票所プロジェクト~
2003年12月
少子・高齢社会のあり方 ~生涯現役社会を目指そう!~
2003年11月
茅ヶ崎まちおこし ~茅ヶ崎スタイルとまちおこし~
2003年10月
ユニバーサルデザインを学ぶ ~いわてUD学校 ピポ・ユニバーサルミニ駅伝~
2003年9月
ユニバーサルデザインって何だろう? ~「ユニバーサルデザイン体験in茅ヶ崎」を開催して~
2003年8月
誰もが投票できる選挙を目指して! ~総務省に結果提出~
2003年7月
修験道 奥駆け修行記 ~日本海から太平洋まで~
2003年6月
茅ヶ崎TMO活動報告 ~”あい”のまち 茅ヶ崎~
2003年5月
ユニバーサルデザインへ(後編) ~安全と美観~
2003年4月
誰もが投票できる選挙を目指して! ~運動から見た選挙(投票)制度の問題~
2003年3月
誰もが投票できる選挙を目指して! ~みんなが利用できる選挙公報を~
2003年2月
誰もが投票できる選挙を目指して! ~投票所バリアチェック10~
2003年1月
ものづくりの現場から ~日本酒をつくる 蔵人体験~
2002年12月
誰もが参加できる選挙制度 ~選挙制度は違憲状態!?~
2002年11月
ユニバーサル・デザインへ(前編) ~バリアフリーへの疑問~
2002年10月
第6回DPI(障害者インターナショナル)世界会議札幌大会に参加して
2002年9月
ホームヘルパー2級資格取得を通して ~だからこそ、生涯現役社会を目指そう~
2002年8月
イーハトーブ・by・Oneself ~チャレンジド・ジャパン・フォーラム2002に参加して~
2002年7月
バリアフリーを考える ~車椅子議員との2日間の随行から~
2002年6月
介護保険の現場から その2 特養研修
2002年5月
介護保険の現場から その1
2002年4月
ノーマライゼーション社会の実現 ~すべての人が、自立し、自律でき、矜持をもつことのできる社会を目指して~

研修レポート

2003年10月
3年連続300キロを歩いて
2002年10月
2度目は2度目の困難がある
2001年11月
無一物中無尽蔵
2001年10月
100km歩行 感想
2001年7月
7月現場体験実習報告

塾報

2002年3月
政令指定都市議員と市民の意識研究
ページの先頭へ