プロフィール一覧へ戻る

木村誠一郎

第35期

木村誠一郎

(きむらせいいちろう)

(一社)離島エネルギー研究所 理事
(公財)自然エネルギー財団 上級研究員
略歴 1979年大阪府生まれ。東京理科大学、東京工業大学大学院を経て、三菱重工業(株)入社。長崎研究所にて水素エネルギーの技術開発に従事。「将来のエネルギー社会の姿について探求したい」との想いから、2010年九州大学大学院・水素エネルギーシステム専攻博士課程に進学。九州大学在学中、福島第一原子力発電所事故が発生。エネルギーを巡る混乱が、長期的ビジョンなきエネルギー政策によってもたらされたことに強い危機感を抱き、2014年松下政経塾に入塾。

在塾中は、エネルギー資源を「奪い合う物資」から「分かち合う物資」に変える“エネルギー融通国ビジョン”を提案。実現に向けた第一歩として、五島列島をエネルギー融通地域とするための活動を開始。2018年より(一社)離島エネルギー研究所(長崎県五島市)理事および(公財)自然エネルギー財団(東京都)上級研究員。
テーマ 「2045年エネルギー融通国ニッポン」の実現
趣味 茶道、水泳、お風呂(温泉)、読書
備考 長崎県五島市在住(妻・長男)
博士(工学)、技術士(機械部門)
公的委員等 五島市再生可能エネルギー産業育成研究会 コーディネーター
 
九州大学カーボンニュートラル・エネルギー国際研究所 招聘研究員
早稲田大学環境総合研究センター 招聘研究員
 
日本学術会議 総合工学委員会 エネルギーと科学技術に関する分科会 熱エネルギー利用の社会実装基盤小委員会 委員
著作・論文 Energy Technology Roadmaps of Japan “Infrastructure for Next-Generation Vehicles” pp.217-235 (2016)
http://link.springer.com/chapter/10.1007%2F978-4-431-55951-1_13
 
Energy Technology Roadmaps of Japan “Hydrogen Production” pp.147-165 (2016)
http://link.springer.com/chapter/10.1007%2F978-4-431-55951-1_9
 
Energy Technology Roadmaps of Japan “Present Status of Japan’s Energy” pp.23-32 (2016)
http://link.springer.com/chapter/10.1007%2F978-4-431-55951-1_3
 
化学工学会誌「エネルギーを届ける・貯める エネルギーのインフラと貯蔵・輸送技術」Vol.80, No.1, pp.32-35 (2016)
http://www.scej.org/publication/journal/backnumber/vol-80-01.html
 
International Journal of Hydrogen Energy "Design proposal for hydrogen refueling infrastructure deployment in the Northeastern United States" Vol.39, Issue 14, pp.7449–7459 (2014)
http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0360319914006053
 
Applied Energy “A scenario analysis of future energy systems based on an energy flow model represented as functionals of technology options” Vol.132, No.1, pp.586-601 (2014)
http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0306261914006722
 
Journal of Chemical Engineering of Japan “Present status and points of discussion for future energy systems in Japan from the aspects of technology options.” Vol. 47, No.7, pp.499-513 (2014)
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jcej/47/7/47_13we345/_article
 
博士論文(九州大学)「次世代自動車の導入に伴う社会的影響の評価手法に関する研究」(2012)
http://catalog.lib.kyushu-u.ac.jp/ja/recordID/462745
  (2018年3月 現在)

塾生レポート

2017年9月
松下政経塾・塾生研究レポート 〜自治体電力ビジネスの“日本版シュタットベルケ化”の可能性~ The Matsushita Institute Discussion Paper: Comparative study between municipality-operated Power Producer and Suppliers in Japan and “Stadtwerke” in Germany.
2017年4月
松下政経塾・塾生研究レポート 〜五島市における洋上風力発電プロジェクトに伴う経済効果〜 The Matsushita Institute Discussion Paper: Economic Impact of Offshore Wind Farm Project in Goto City
2016年10月
松下政経塾・塾生研究レポート 〜わが国における国際送電連系の意義に対する一考察〜 The Matsushita Institute Discussion Paper: Significance of Cross-Border Interconnected Power System for Japan Electricity Grid
2016年2月
松下政経塾・塾生研究レポート ~2045年エネルギー融通国に向けた私の挑戦~
2016年1月
わが国がとるべき経済・財政戦略 ~今こそ自国のエネルギー資源開発に投資せよ~

研修レポート

2017年12月
実践活動報告(その9) ~「五島産エネルギーを活用した地域振興シンポジウム」開催報告~
2017年11月
実践活動報告(その8) ~ドイツ・シュタットベルケ視察報告~
2017年10月
実践活動報告(その7) ~「風力発電メンテナンス参入支援事業」開催報告~
2017年8月
実践活動報告(その6) ~「電力網の国際送電連系を考えるシンポジウム」開催報告~
2017年6月
実践活動報告(その5) ~長崎県内企業の皆様へ:風力発電メンテナンス産業に参入しませんか~
2017年2月
実践活動報告(その4) ~風力発電メンテナンス産業による島おこし~
2016年11月
実践活動報告(その3) ~松下政経塾・塾員会賞を受賞して~
2016年8月
実践活動報告(その2) ~日本財団・海と日本プロジェクト「海洋産業フェスタ in Nagasaki」の取り組み~
2016年5月
実践活動報告(その1) ~エネルギー融通国に向けた長崎・五島での取り組み~

共同研究

2016年3月
第35期生 共同研究レポート『生涯現役から生涯青春へ 一生涯の「はたらく」を促す社会制度改革案』
  1. HOME >
  2. 卒塾生一覧 >
  3. 木村誠一郎
ページの先頭へ