プロフィール一覧へ戻る

前川桂恵三

第24期

前川桂恵三

(まえかわけいぞう)

HP http://blog.livedoor.jp/keizoziek/
略歴 出生日 1977年10月19日生まれ
出身地 兵庫県加古川市
加古川市立陵北小学校卒業
私立岡山白陵中学校卒業
私立岡山白陵高等学校卒業
早稲田大学理工学部土木工学科卒業(現 社会環境工学科)
(株)大林組 入社
主に笛吹ダム建設工事(長崎県)に従事する。
2003年 24期生として財団法人松下政経塾 入塾
現在、前川建設(株)経営企画室室長
テーマ 『地域主権型国家日本の実現』
地方分権・道州制/財政再建・行政改革/公共事業改革/地域再生
「無駄な公共事業」をはじめとして、「中央集権国家日本」の政治的、経済財政的な国家構造の欠陥を実感してきた。財政危機が大きく叫ばれるなか、国と地方における税財政構造上の矛盾を是正したあらたな国家像を追求し、生産性の高い政治、効率的な行政を実現しなければならない。
さらに、そうしたあるべき「地域主権型国家日本」において、国民の活力が高まり、新たな地域と公共が再構築された高度市民社会への移項が成し遂げられる。
特技 柔道(講道館柔道参段)
 中学、高校時代は柔道部主将として、個人戦、団体戦ともに活躍。
 個人戦では中学時代には全国大会出場、高校では岡山県大会優勝をする。
 早稲田大学柔道部では東京学生柔道連盟主催の海外研修合宿でフランス遠征もする。
趣味 読書:歴史・哲学
旅行:渡航遍歴・・・フランス、スウェーデン、アメリカ、シンガポール、インドネシア、タイ、中国、韓国 等
茶道、書道
座右の銘 「克己復礼」 「忘己利他」
  (2015年3月 現在)

塾生レポート

2005年11月
生産性の高い政治と効率的な行政へ向けて ~新しい地域と公共の経営~
2005年10月
韓国における「オウトピア」と「新しい人間観」
2005年9月
アジア主義と日本
2005年8月
地域主権型国家日本の実現に向けて
2005年5月
靖国神社と日本国の未来
2005年3月
公共事業改革と地域の自立
2005年2月
日本国憲法「第8章地方自治」と地域主権
2004年12月
これからの日本と中国における「新しい人間観」 ~空海入唐1200周年を迎えて~
2004年11月
日本の広域自治制度をどう転換すべきか
2004年10月
自由民権から戦後改革に観る分権論
2004年9月
財政再建に向けた日本の国家観
2004年8月
これからの日本文明と「新しい人間観」
2004年7月
国土政策をどう転換すべきか
2004年6月
明治国家に観る『分権論』
2004年5月
これからの人類に必要な「新しい人間観」とは

研修レポート

2003年11月
お茶と日本文化
2003年10月
100km行軍 感想
ページの先頭へ