松下政経塾 The Matsushita Institute of
Government and Management

日本語英語


外部発表論文 一覧へ戻る
2015年1月

外部発表論文

芝園にぎわいフェスタ
岡﨑広樹/卒塾生

隣近所が外国人の時代も間近です。2014年度の実践活動では、日本人と外国人住民の顔の見える関係作りを実践しています。その一つである『芝園にぎわいフェスタ』の模様を、埼玉県川口市の外国人と日本人のための情報誌『Cupola』に寄稿致しました。地域の居住空間における外国人住民との共生を考える、一助になれば幸いです。

 
外国人と日本人のための情報誌「Cupola」 第15号(2015年1月8日発行) 寄稿
「芝園にぎわいフェスタ」 日本語(PDF版)  英語・中国語・韓国語(PDF版)
 
 
【実践活動紹介】
 今後の日本は、多様性を社会の活力にしていく必要がある、という話を聞きます。多様性の中には、外国人住民の増加も含まれているはずです。
 
 確かに、外国人の同僚ができれば、その物の見方や新しい価値観は刺激になります。街中にタイ料理などのエスニック料理屋が増えて、アジアンテイストの家具や小物を買えるならば、私たちの選択肢も増えて楽しいはずです。仮に、留学生が増えれば海外にいかずとも、異文化コミュニケーションの能力を育めるでしょう。
 会社、都市や大学であれば、外国人の増加による多様性を、私たちの活力にできるかもしれません。一方で、外国人住民が、地域の居住空間に増えたらどうなるのでしょうか。居住空間では、誰しも静かに暮らしたいはずです。しかし、文化・習慣の異なる場合、その差異により、様々な課題を抱えることになります。
 
 様々な課題を抱えつつも、地域の住民同士は、国籍を問わず災害時に助け合える関係を必要とします。両者がいざという時に協力し合える関係を育むため、住民の約4割が外国人住民の芝園団地において、平時における『顔の見える関係作り』を実践しています。
2015年1月 執筆
  1. HOME >
  2. 卒塾生一覧 >
  3. 岡﨑広樹 >
  4. 芝園にぎわいフェスタ
ページの先頭へ