松下政経塾 The Matsushita Institute of
Goverment and Management

日本語英語

プロフィール 一覧へ戻る

プロフィール
橘秀徳

第23期

橘秀徳

(たちばなひでのり)

日本充電インフラ株式会社 代表取締役
仕事内容 1.充電インフラ事業
北海道から沖縄まで、全国の道の駅や公共施設239箇所に334基の電気自動車用充電器を設置・運営をしています。ブランド名は「e-oasis」です。

2.COOL CHOICE普及啓発事業
COOL CHOICEは、地球温暖化防止のために電気自動車に乗換える等、賢い選択をしよう、という国民運動です。
環境省の補助制度で、地方自治体様から委託を受け、電気自動車の試乗会、環境戦隊ショー、地域資源を活かしたイベントなど、北海道から沖縄まで、地球温暖化防止の各種イベントを開催・実施しています。
略歴 昭和44(1969)年6月24日 東京都出身50歳
1988年 東京都立井草高等学校卒業
1995年 中央大学法学部政治学科卒業
1995年 内閣法制局事務官
1997年 衆議院議員 田中甲 政策担当秘書
2002年 松下政経塾に入塾(第23期生)
2005年 松下政経塾 卒塾
2005年 衆議院議員 原口一博 政策担当秘書
2007年 民主党神奈川県第13区総支部長
2009年 衆議院議員
2016年~日本充電インフラ株式会社 代表取締役
著作 1.「21世紀日本を創る指導者 指導者を目指す者達の試み」共著 財団法人松下政経塾
2.「21世紀日本の舵取り-少子高齢化と人口減少の高波を乗り切るために」 尾崎行雄記念財団「世界と議会」2003年6月号
3.「これからの子育て支援策と求められる政治の決断」 尾崎行雄記念財団「世界と議会」2006年11月号
4.「国家主権と国益を守る法整備を」 「月刊日本」2012年12月号
テーマ 松下政経塾での主な活動:
1.児童養護施設(旧孤児院)、保育園、幼稚園等あらゆる児童福祉施設で現場実習
2.中越地震民主党長岡現地対策本部でボランティア活動
・2004年11月、12月に活動。長岡高校体育館(山古志村避難所)他
活動地域 日本全国
好きな言葉 1) 春風接人 秋霜自粛 「春風のなごやかさをもって人に接し、秋の霜の厳しさを以って自らただす」(言志後録、佐藤一斎)
2) いつも心に太陽を
趣味 囲碁(初心者)、将棋、スポーツ、柔道(初段)、野球、テニス、スキー
尊敬する指導者:河井継之助、王陽明公、西郷隆盛公、松下幸之助塾主
  (2021年11月 現在)

塾生レポート

2005年2月
山本五十六元帥の生涯と歴史の教訓 ~なぜ海軍良識派は敗れ去ったのか~
2005年1月
良寛和尚の人間観
2004年12月
少子化・人口減少時代の子育て支援「今何をすべきか」
2004年10月
国民の生命と財産を守る国づくりを ~災害ボランティア体験を通して考えたこと~
2004年8月
松下幸之助と仏教の人間観
2004年7月
子育て支援センター ~専業主婦への支援、在宅育児支援のあるべき姿~
2004年5月
明治の時代精神と第三の改革・・・西郷隆盛の遺言
2004年4月
創設者松下幸之助から教わった3つのこと ~「自己観照」、「縁と徳」、「愚直の尊さ」~
2004年3月
子宝の島
2004年2月
あおぞらの子ども達
2004年1月
児童家庭支援センターの拡充を ~児童福祉施設現場体験リポート 後編(育児支援編)~
2003年12月
家族と離れて暮らす子ども達 ~児童福祉施設現場体験リポート 中編(児童養護施設他編)~
2003年11月
今どきの子ども達 ~児童福祉施設現場体験リポート 前編(保育園編)~
2003年8月
失われた時を求めて
2003年7月
コンサルティング会社での研修体験記
2003年6月
少子化対策 -幸せな子育て、楽しい子育てを
2003年5月
21世紀日本の舵取り ~少子高齢化と人口減少の高波を乗り切るために~
2003年4月
七人の侍 -神奈川県議会議員選挙を振り返って

研修レポート

2002年11月
松下幸之助塾主を訪ねる旅
2002年11月
おもてなしの心のありがたさ
2002年10月
100km行軍 感想
  1. HOME >
  2. 卒塾生一覧 >
  3. 橘秀徳
ページの先頭へ