松下政経塾 The Matsushita Institute of
Goverment and Management

日本語英語

プロフィール 一覧へ戻る

プロフィール
津曲俊明

第29期

津曲俊明

(つまがりとしあき)

千葉県船橋市議/立憲民主党
HP http://www.tsumagari2010.com/
略歴 6月28日生まれ 0型
船橋市立二和保育園、船橋市立三咲小学校、船橋市立御滝中学校、千葉県立鎌ヶ谷高校、明治大学法学部 卒業。
民間ベンチャーを経て、旧自治省(2種採用)、消防庁や税財政部局や神奈川県庁に勤務。
この間に働きながら明治大学大学院に通学し、公共政策修士号を取得(自費夜学)。
平成20年に公務員を退職し松下政経塾29期生平成23年3月卒塾。
[入塾後の活動内容]
・平成20年度松下政経塾生第共同研究:研究リーダー
「絆でつなぐ在宅医療」
・松下政経塾医療研究会所属
http://www.nikkeibp.co.jp/article/column/20081226/122030/
「医師不足について」(H20年度)
「医療経営」(H21年度)
・平成22年度松下政経塾船橋フォーラム:運営リーダー

平成23年、船橋市議会議員選挙初当選
平成27年、2期目初当選
平成31年、3期目当選
テーマ 地域主導による活力ある社会の実現
専門 地方自治、障がい者雇用
趣味 ラグビー、剣道(二段)、城跡めぐり
信条 着眼大局、着手小局
家族 妻、長男、長女
名前の由来 私の姓は鹿児島県旧国分市がルーツです。名は祖父が付けたものです。俊は祖父の一字を取り、明の一字は昼も夜も周囲を明るく照らすようにという意味です。名前に恥じないようにまずは自らの身の回りから少しずつ始め社会全体を明るく照らせたらと思います。
想い 国、県庁、民間企業で働くなかで中央集権体制が時代、現場の実態に合わなくなっていることを感じました。日本の新しい社会の姿は地方分権・分散型ネットワーク社会であると思います。その際に各地の自治体、地域は特色あるまちづくりがより一層求められます。そして、地域での福祉、経済、教育をはじめとした新しいモデルを提示し、ボトムアップで全国に水平展開していく、そういったイノベーションが広がることを願っています。
  (2019年10月 現在)

塾生レポート

2010年7月
公立病院の赤字は何を意味するのか ~自治体病院経営から考える公共の意味~
2010年3月
湾岸から見た千葉の歴史~人と自然の共生を目指して~
2010年2月
生活を支え、家族を育み、内需を支える住宅
2009年5月
船橋の発展:ベッドタウンからホームタウンへ
2009年4月
素志:1年を振り返って~地域自治とふるさとの発展と家族・コミュニティの復権~
2009年3月
和の心と開拓精神
2009年2月
中央集権国家から地域主権の自治国家に向けて
2008年7月
人間を考える

研修レポート

2008年10月
100キロ行軍レポート ~千里の道も1歩から~
2008年9月
営林実習レポート ~緑という宝物の継承~
2008年7月
製造実習レポート ~改善と意欲~
  1. HOME >
  2. 卒塾生一覧 >
  3. 津曲俊明
ページの先頭へ