松下政経塾 The Matsushita Institute of
Goverment and Management

日本語英語

プロフィール 一覧へ戻る

プロフィール
林俊輔

第33期

林俊輔

(はやししゅんすけ)

株式会社de la hataraku 代表取締役/アジアユニバーサル農業研究会 事務局
略歴 1976年 島根県益田市生まれ
1989年 名古屋市立東山小学校卒業
1992年 名古屋市立城山中学校卒業
1995年 愛知県立旭丘高等学校卒業
2000年 京都大学農学部生物生産科学科卒業
2002年 京都大学大学院農学研究科栽培システム学修士課程修了

2002年 大日本印刷株式会社 C&I事業部入社
企画部門に所属し、主に一般消費財メーカー(大手ビールメーカー/世界最大級外資系トイレタリーメーカー)を担当。商品開発、ブランドコミュニケーション戦略立案、リテールサポート等、得意先のバリューチェーン全般に亘る企業活動を支援し、各種テーマコンサルティング、プロモーション企画等に従事。

2012年 大日本印刷株式会社退社

2012年 公益財団法人 松下政経塾入塾(第33期)
「日本農業の価値創造」をテーマに研究・実践活動を展開し、全国の農業現場を周り、研究活動を行う。また日本農業経営大学校や全国自治体、JAなど各種団体の経営する農業経営塾などで、講義・講演活動、ケーススタディを用いた教育プログラムづくり、ワークショップの運営などを行い、次世代の農業経営者育成支援にも関わる。

2014年 NPO法人日本GAP協会(現一般財団法人日本GAP協会) 知的財産分野研究員

2015年 NPO法人アジアGAP総合研究所(現NPO法人GAP研究所) 知的財産分野研究員(現職)
 農林水産物の価値を高めるため、知的財産活用や栄養価の高い機能性農産物について、全国で研修、講演活動やマニュアル制作を行い、知的財産の活用を推進するとともに、地域ブランドの育成やバリューチェーンの構築、産地の地理的表示(GI)取得支援なども行う。

2016年 公益財団法人 松下政経塾卒塾

2016年 アジアユニバーサル農業研究会設立
障がい者や高齢者、女性などありとあらゆる誰もが、分け隔てなく、様々な形で農業とそこから創出される食と関わることで、人間が持つ可能性を高めていき、お互いの長所を認め合い、支えあえるよりよい社会づくりを目指して活動中。

2018年 株式会社de la hataraku創業 代表取締役(現職)
農業の価値創造の一端を担うべく、「働く」ことをコンセプトに創業。栄養価の高い高機能野菜を扱う野菜宅配事業「ベジフルマルシェ」や、GAP(よい農業のやり方)を基盤とした農業経営コンサルティング、ユニバーサル農業(農福連携)支援事業などを展開する。
テーマ 日本農業の再生と価値創造
~モンスーンアジアのリーダーを目指して~
好きな言葉 「学はすべからく静なるべし」
「人の一生は重き荷を負うて遠き道を行くが如し、急ぐべからず」
趣味 全国の顔出し看板巡り、料理
  (2020年10月 現在)

塾生レポート

2014年3月
日本農業の見直し ~生産性と価値向上の視点から~
2014年2月
放たれた矢はいずこへ ~攻めに転じる農林水産業~
2013年7月
日本人は食べられるのか? ~アジアの食料安全保障においてリーダーシップを発揮せよ~
2013年4月
農業と経営 ~松下幸之助塾主の理念を通じて考える~
2013年2月
経営に理念を、人の力を
2012年12月
愛すべき国家とはいかなるものか
2012年9月
日本について知らない我々現代日本人
2012年8月
人間の持てる力とは

実践レポート

2015年4月
農産物のブランド化を通した農業価値創造
2014年9月
実践活動報告

研修レポート

2012年10月
三人寄れば文殊の知恵、四人寄れば…?
  1. HOME >
  2. 卒塾生一覧 >
  3. 林俊輔
ページの先頭へ