松下政経塾 The Matsushita Institute of
Goverment and Management

日本語英語

プロフィール 一覧へ戻る

プロフィール
重岡晋

第38期

重岡晋

(しげおかしん)

略歴 山口県萩市出身。東京藝術大学大学院美術研究課程彫刻専攻修了(MFA)。美術家、空間演出家として活動の後、広告 会社にてイベントマーケティングに従事。藝術と政治、経済、教育、地域が共創する世界を目指し、現在はARTを活用した企業研修、新規事業開発を行っている。
テーマ 「総合藝術国家」~藝術を生かした経営の在り方~
WEB ・Official WEB
http://shinshigeoka.jp/
・Artist WEB
https://shinshigeoka.tumblr.com/ 
好きな事・特技 子どもとの遊び、クラシックピアノ、硬式テニス、旅行、読書、立体造形、DIY、アンティーク集め、日本酒・ワイン、人間観察、リサーチ
関心分野 美術、現代アート、音楽、観光、健康、食、観光、自然、歴史、思想哲学、宇宙、教育、子育て、科学、テクノロジー、外交、防衛
関心テーマ 創造性教育、Art Thinking、文化外交、人工知能、QOL(Quality of Life)、イノベーション、IR、インバウンド、ヘルスケア、プラットフォーム、宇宙産業開発、公益資本主義
好きな言葉 おもしろき 事のなき世を おもしろく / 高杉 晋作
芸術は人類への贈り物 / イサム・ノグチ
経営は総合芸術である / 松下幸之助 
  (2020年10月 現在)

塾生レポート

2020年6月
ビジネスとアートの新しい形 ~新商品開発を通じた価値共創の実践~
2020年5月
ベネッセアートサイト直島研修2019
2020年2月
総合藝術国家~藝術を生かした経営の在り方~
2019年6月
企業と藝術の関係に関して
2019年2月
総合藝術国家~藝術を生かした経営の在り方~

実践レポート

2020年8月
コロナ禍に思う⑦ 社会の変化とアートのあいだ ~重岡晋塾生~
2019年1月
ビジネスにアートを生かすアートシンキングの調査

共同研究

2018年7月
第38期生共同研究報告書「新・ゆとり社会~物と心の余裕が日本の道をひらく~」
  1. HOME >
  2. 卒塾生一覧 >
  3. 重岡晋
ページの先頭へ