プロフィール一覧へ戻る

高橋宏和

第29期

高橋宏和

(たかはしひろかつ)

略歴 1986年 市川市立市川小学校卒業
1989年 麻布中学卒業
1992年 麻布高校卒業。文化祭実行委員長。
1999年 千葉大学医学部卒業 医師免許取得
神経内科医として同大附属病院、成田赤十字病院、下都賀総合病院、松戸市立病院に赴任。
2004年 千葉大学医学部大学院入学。重症筋無力症を専門として臨床研究を行う。
2007年 自動車事故対策機構 千葉療護センター赴任。
2008年 千葉大学医学部大学院卒業。医学博士号取得。
2008年 松下政経塾入塾。
2011年卒塾後は、医師として診療活動を行いながら、地域医療に関する講演活動などを行っている。
著作 『松下政経塾 講義ベストセレクション 地方自治編』(共著) 2010年
テーマ 医療体制の再生 科学技術による高齢化社会の克服
活動地域 千葉県、東京都
好きな言葉 「あきらめたらそこで試合終了」
想い 大学卒業後9年間、神経内科医として医療に従事してきました。
医療費削減や労働環境の悪化、医療者と患者の関係性の変化、新臨床研修医制度などさまざまな問題が原因となり、日本の医療体制の崩壊が始まっています。
医療が崩壊していく現状に対し、一勤務医としての限界を感じ、入塾しました。
動画 2011年1月30日開催 松下政経塾 医療フォーラム
 「日本の医療 これから30年」 研修報告
http://www.mskj.or.jp/stream/201101301-1.wvx
http://www.mskj.or.jp/stream/201101301-2.wvx
  (2013年10月 現在)

塾生レポート

2010年10月
自治体病院~「お荷物」か「お宝」か
2010年8月
命の格差を乗り越える~「日本国 命の三原則プラスワン」試案
2010年7月
今こそ真の科学立国を
2010年6月
真の成長戦略とは―METSELAプロジェクトの提唱
2010年1月
日本人の心~“がんばり”精神についての考察
2009年12月
5円の憂鬱、人間の価値
2009年8月
立ち去ることをやめ、踏み出し、歩み続けるために~医療崩壊からの医療再生へ/素志レポート
2009年7月
中核病院・自治体病院の「負のトライアングル」/問題の所在レポート
2009年5月
意志と知恵
2009年2月
現代医療と日本人の死生観
2008年7月
問いとしての「人間観」

研修レポート

2009年3月
八百万の価値観‐価値観の複線化と社会の安定について
2008年10月
100km行軍を終えて
2008年9月
営林実習レポート
2008年7月
製造実習レポート~暑さ対策諸案とその背景
ページの先頭へ