松下政経塾 The Matsushita Institute of
Goverment and Management

日本語英語

プロフィール 一覧へ戻る

プロフィール
薄井大地

第39期

薄井大地

(うすいだいち)

ソーシャルアクションカンパニー株式会社 取締役 COO
略歴 1988年生まれ、栃木県宇都宮市出身。
大学在学時、グラミン銀行グループとのパートナーシップのもと日本の学生・社会人をバングラデシュへ派遣するフィールドワークプログラムを友人らと創始。
2011年、ソーシャルビジネスコンペティション「SIFE(現Enactus)」の国内大会に優勝し、日本代表としてマレーシアで開催された世界大会に出場。同年、早稲田学生文化賞および稲魂賞を受賞。
大学卒業後は、不登校生の高校進学・転学を支援する民間教育企業を経て、2015年、国際協力NGO e-Educationの事務局長に就任(現:理事)。
2018年、松下政経塾入塾(第39期)。卒塾後、ソーシャルアクションの可視化と価値化をミッションに掲げる「actcoin」事業にCOOとして参画するほか、NPO法人SET・事務局長、NPO法人Colorbath・経営企画アドバイザー、情報経営イノベーション専門職大学・客員教員などを務める。
  (2021年11月 現在)

塾生レポート

2021年1月
寄付月間公式認定企画「GoToドネーション」に込めたメッセージ ~日本の寄付文化醸成には何が必要か?~
2020年10月
ベンチャーNPO支援で見落とされがちな「経営ボード強化」を考える ~多様な伴走支援の在り方~
2020年7月
事業の成長を支える『かかわりしろ』の力 ~新しい組織マネジメントのカタチ~
2020年6月
with/afterコロナ時代のNPO経営 ~交流・対話・触れ合いが制限される中での事業転換と価値創造~
2019年10月
公益資本主義の実現に向けた「トップダウン」と「ボトムアップ」のアプローチ

実践レポート

2020年9月
コロナ禍に思う⑧ with/afterコロナ時代のNPO経営 〜薄井大地塾生〜
  1. HOME >
  2. 卒塾生一覧 >
  3. 薄井大地
ページの先頭へ