松下政経塾 The Matsushita Institute of
Goverment and Management

日本語英語

プロフィール 一覧へ戻る

プロフィール
薄井大地

第39期

薄井大地

(うすいだいち)

略歴 栃木県宇都宮市出身。早稲田大学政治経済学部卒業。国際協力NGOの事務局長という立場からトライセクター(NPO/企業/行政)連携を経験。セクター間の協働や生活者を起点にした公益活動の醸成を通じて「あらゆる生きづらさが最小化される社会」を目指す。
テーマ NPO・企業・行政の協働による公益資本主義の実現
備考 2011年 SIFE(現Enactus)国内大会優勝、SIFE Would Cup出場
2011年 早稲田学生文化賞受賞、稲魂賞受賞
2013年 合同会社GCMP設立
    (2017年に特定非営利活動法人e-Educationに事業譲渡)
2015年 TEDxICU登壇
     演題「なぜ夢以外の持ち物について語られないのか」
     https://youtu.be/guP-4trO_1I
2019年 R-SIC「社会課題解決の経営論」セッション登壇
  (2020年10月 現在)

塾生レポート

2020年10月
ベンチャーNPO支援で見落とされがちな「経営ボード強化」を考える ~多様な伴走支援の在り方~
2020年7月
事業の成長を支える『かかわりしろ』の力 ~新しい組織マネジメントのカタチ~
2020年6月
with/afterコロナ時代のNPO経営 ~交流・対話・触れ合いが制限される中での事業転換と価値創造~
2019年10月
公益資本主義の実現に向けた「トップダウン」と「ボトムアップ」のアプローチ

実践レポート

2020年9月
コロナ禍に思う⑧ with/afterコロナ時代のNPO経営 〜薄井大地塾生〜
  1. HOME >
  2. 塾生一覧 >
  3. 薄井大地
ページの先頭へ