松下政経塾 The Matsushita Institute of
Goverment and Management

日本語英語

イベント

イベント情報

イベント情報

一覧へ戻る

第2回 松下幸之助杯スピーチコンテスト決選大会<終了>

 松下幸之助は、パナソニック株式会社を創業した実業家であるとともに、PHP研究所や松下政経塾を設立するなど思想家・哲学者・教育者としても多くの事績を残しました。その生涯の中で、「自分たちの使命は、この世から貧乏をなくし、豊かな社会をつくることにある」という志を掲げました。
 世界が地球的課題に直面している今、国連は「持続可能な開発目標(SDGs)」を提起し、政府・企業・市民が多様な取り組みを始めています。「松下幸之助杯スピーチコンテスト」では、松下幸之助の志を次世代につなげ、リーダーとして、SDGsに定められた17の開発目標に取り組み、 2030年の世界に向けたビジョンを描き、それを実践する青少年を応援します。
 今年も国内外から応募をいただき、厳正な一次審査(スピーチ原稿審査)を経て、スピーチコンテスト決選大会を開催致しますので、是非ご観覧下さい。

観覧方法

決選大会の模様は、松下政経塾公式YouTubeチャンネルにてライブ配信(生中継)致しますので、是非ご観覧下さい(事前申込不要)
【松下政経塾公式YouTubeチャンネル】
https://www.youtube.com/channel/UCwqw9gPjSV9F7BHsKIoDXUg

日程

2021年11月27日(土)13時開会 17時閉会予定 ※終了しました

会場

新型コロナウイルス感染症の状況を考慮し、オンライン(Zoom)で実施致します。
※松下政経塾の講堂は使用致しません。   

主催/後援/協賛

<主催> 公益財団法人 松下幸之助記念志財団
<後援> 文部科学省、読売新聞社、株式会社PHP研究所
<協賛> パナソニック株式会社

受賞

松下幸之助杯(最優秀賞)1名 賞状および副賞30万円
パナソニック杯     1名 賞状および副賞10万円
優秀賞         2名 賞状および副賞 5万円

決選大会審査員(五十音順)

佐伯聡士氏   読売新聞東京本社 論説副委員長
辰野まどか氏  一般社団法人 グローバル教育推進プロジェクト(GiFT)代表理事
橋爪大三郎氏  東京工業大学 名誉教授
遠山敬史    公益財団法人 松下幸之助記念志財団 副理事長・松下政経塾 塾長

出場者(申込順及び出場順)

応募資格は「満30歳以下の児童・生徒・学生もしくは社会人(国籍不問。ただしスピーチは日本語のみ)」で、厳正な一次審査(スピーチ原稿審査)を通過した以下の14名の方(敬称略)にスピーチいただきます。

森山 ひかる 東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校(高校生)
川北 輝   広島国際大学大学院(大学院生)
栗田 侑   浜松開誠館高等学校(高校生)
山手 健矢  九州工業大学大学院(大学院生)
紀野 陽香  近畿大学(大学生)
服部 健汰  鈴鹿中等教育学校(中学生)
YI LINA   武蔵野大学大学院(大学院生)
芦田 幸来  ケイ・インターナショナルスクール東京(高校生)
橋本 凜太郎 作新学院高等学校(高校生)
木内 太貴  株式会社キャリアコンサルティング(社会人)
髙橋 智恵  架け箸(社会人)
小林 真緒  Stone Ridge School of the Sacred Heart(高校生)
波多江 琴美 慶應義塾大学(大学生)
羽深 英   東京大学(大学生)

スピーチテーマ

「2030年の世界に向けたビジョンと実践~SDGsの17の開発目標に取り組もう~」

※2030年の世界に向けたビジョンを描き、<SDGsの17の開発目標>から少なくとも1つを選んで、具体的な実践活動をスピーチする。

スピーチ要領

・スピーチのみ(パワーポイント等のプレゼンテーション資料は使用不可)
・スピーチは5分以内(スピーチ終了後に審査員との質疑応答があります)

お問い合わせ

松下幸之助杯スピーチコンテスト事務局
seikei@mskj.or.jp
※メールでお問い合わせ下さい

一覧へ戻る

  1. HOME >
  2. イベント一覧 >
  3. 第2回 松下幸之助杯スピーチコンテスト決選大会<終了>
ページの先頭へ