プロフィール一覧へ戻る

黄川田仁志

第27期

黄川田仁志

(きかわだひとし)

衆議院議員/埼玉3区/自民党
HP http://www.kikawadahitoshi.jp/
http://ameblo.jp/kikawadahitoshi/
http://twitter.com/#!/kikawadahitoshi
略歴 1970(昭和45)年、神奈川県横浜市出身。
東京理科大学卒業。メリーランド大学修士課程終了。大阪大学大学院単位取得退学。
専門分野は環境学、生態学、海洋学。
環境コンサルタント、国連環境計画北西太平洋行動計画地域活動センター主任研究員として活躍。
松下政経塾卒塾後、海洋政策研究財団にて海洋管理に関する業務に携わる。
現在、衆議院議員(当選1回)及び、自由民主党 衆議院埼玉県第3区(越谷市・草加市)支部長。
建設コンサルタント協会投稿論文優秀賞(2000年)、(社)日本環境アセスメント協会25周年記念論文最優秀賞(2003年)などを受賞。
私の思い 明治維新後、海外視察(外遊)から帰ってきた大久保利通が、大阪湾の松林が失われていくのを嘆き、「音に聞く高師の浜の浜松も、世のあだ波は逃れざりけり」と歌いました。
その歌を聞いた堺県令は、松の伐採をやめさせ、その松林は残り、その時は白砂青松の風景は守られました。
しかしながら、そのような場所も、今では松林だけは残っているものの、海岸線はコンクリートになり埋め立てられ、風光明媚な白砂青松の風景ではなくなってしまっています。
私達は、戦後の経済発展のために、美しい日本の風景や環境を失ってきました。
このまま経済のみに重きを置いて、日本を運営してくことで私達日本人は幸せになれないと思います。
国の発展のために急激な改革を断行しつつ、白砂青松のきれいな風景は残さねばならぬと思った大久保利通のような感性を持った政治家が今必要なのではないでしょうか。
私は、そのような政治家になりたいと思っています。
  (2013年10月 現在)

塾生レポート

2009年2月
神話を通じて「天分に生きること」を伝えたい
2009年1月
日本ブルーネットワーク構想~私の考える海洋国家・日本~
2008年6月
日本国憲法改正のための黄川田憲法私案
2008年5月
中国から沿岸域管理を学ぶ ~海域使用管理法からのアプローチ~
2008年4月
海洋国家・日本を考える
2007年12月
海外の魅力ある水辺づくり ~海洋立国・日本のための遊び心のすすめ~
2007年11月
国際海洋秩序と日本の歴史 ~古代から大日本帝国の滅亡まで~
2007年10月
武士道再考 ~日本に独立自尊の精神を~
2007年8月
新しい宇宙観から新しい人間観へ
2007年7月
幕末・明治史と留学経験から考える日本のシステム変革

研修レポート

2006年10月
「100km行軍」研修レポート
2006年5月
関西研修報告書
ページの先頭へ