松下政経塾 The Matsushita Institute of
Goverment and Management

日本語英語

プロフィール 一覧へ戻る

プロフィール
大社充

第6期

大社充

(おおこそみつる)

芸術文化観光専門職大学教授/DMO推進機構代表(デスティネーション総研)
略歴 【略歴】
1961年兵庫県宝塚市生まれ。1985年京都大学卒。アメリカンフットボール部QBとして京大初の全国制覇に貢献「年間最優秀選手賞」受賞。1985年松下政経塾入塾。1987年よりエルダーホステル協会の創設に参画。町おこしや地域資源を活用した集客コンテンツの開発に取り組む。2000年NPO法人化して専務理事。2004年NPO法人グローバルキャンパスを設立。2007年「日米スーパーシニア親善野球」実行委員長として日米元兵士による親善野球試合をハワイで開催。その他、観光まちづくりや観光人材育成に取り組む。「観光まちづくりプラットフォーム事業運営人材育成研修」(日本観光協会主催)を全国80地域以上で実施(2009-2013)。2011年「DMO推進機構」設立。日本観光振興協会理事在籍時、「DMO研究会」を立ち上げDMO研究および概念普及・地域導入支援に取り組む。2014年「まち・ひと・しごと創生会議」委員としてDMO政策を主導。事業構想大学院大学客員教授として「観光まちづくり(DMO)プロジェクト研究」担当(2017年まで)。2019年より京都大学経営管理大学院「デスティネーションマネジメント論」を担当。2021年4月より豊岡市に開学した芸術文化観光専門職大学教授。観光庁と連携しながらDMO推進機構代表としてわが国のDMO形成確立に向けた支援を行うとともにデスティネーションマネジメントの国内での概念整理と手法開発に取り組む。

【委員など】
○2007-2012観光庁「ニューツーリズム創出・流通促進事業」「持続可能な観光まちづくり事業体創出支援調査」ほか、観光地域づくりプラットフォーム関連の各種委員会 
○2007経済産業省「体験交流観光・集客サービスビジネス化研究会」   
○2009-2010国土交通省「成長戦略会議」(観光分野/都市分野担当)   
○2010内閣府行政刷新会議規制制度改革「農林・地域活性化WG」  
○2013経済産業省「産業構造審議会」委員
〇2014-2019内閣官房「まち・ひと・しごと創生会議」委員 ほか
著作 【著書】
○共著・小野元之編『広がる学び開かれる大学』ミネルヴァ書房・1998年
○共著・村田治編『生涯学習時代における大学の戦略』ナカニシヤ出版・1999年
○研究調査報告書『主要四カ国の文化政策と芸術文化支援』企業メセナ協議会・2002年
○共著『人生を一瞬で変える旅に出よう』山と渓谷社2007年
○単著『体験交流型ツーリズムの手法-地域資源を活かす着地型観光―』学芸出版2008年
○単著『奇跡のプレイボール~元兵士たちの日米野球~』金の星社2009年(第59回全国青少年読書感想文コンクール中学生の部:課題図書)
○共著『東日本大震災・原発事故 復興まちづくりに向けて』学芸出版社・2011年 
○単著『地域プラットフォームによる観光まちづくり-マーケティングの導入と推進体制のマネジメントー』学芸出版社2013年(第36回交通図書賞奨励賞・受賞)
○単著『DMO入門 官民連携のイノベーション』事業構想大学院大学出版部2018年(第13回観光研究学会「学会賞・観光著作賞」受賞)
テーマ ・観光による地方創生
・デスティネーション・マネジメント/マーケティング
・DMO形成確立の支援
  (2021年11月 現在)
  1. HOME >
  2. 卒塾生一覧 >
  3. 大社充
ページの先頭へ