松下政経塾 The Matsushita Institute of
Goverment and Management

日本語英語

プロフィール 一覧へ戻る

プロフィール
河内山哲朗

第2期

河内山哲朗

(こうちやまてつろう)

一般社団法人公共経営研究センター代表理事
略歴 1958年山口県生まれ
81年早稲田大学法学部卒
同年、松下政経塾入塾
93年2月柳井市長就任 09年3月退任
95年中国安徽師範大学客員教授
山口県市長会会長、山口県国民健康保険団体連合会理事長、全国市長会副会長、全国市長会中国支部長、全国市長会国民保険問題対策特別委員長、厚生労働省社会保障審議会委員、内閣府道州制ビジョン懇談会委員などをつとめる
10年12月 社会保険診療報酬支払基金理事長に就任
16年4月 公益財団法人松下政経塾 常務理事(塾長)に就任
18年6月 公益財団法人松下政経塾 常務理事(塾長)を任期満了にて退任
18年11月 日本マイクロソフト株式会社顧問に就任
19年4月 一般社団法人公共経営研究センター代表理事に就任
同年同月 株式会社現代建築研究所顧問に就任
20年4月 学校法人山口松陰学園顧問に就任
著作 「民に聞け―地方からこの国を変えてみせる」 共著 光文社 1999年
テーマ 地方行政 財政・行政改革 道州制 医療保険制度
  (2021年11月 現在)
  1. HOME >
  2. 卒塾生一覧 >
  3. 河内山哲朗
ページの先頭へ