松下政経塾 The Matsushita Institute of
Goverment and Management

日本語英語

イベント

開催レポート

イベントレポート情報

一覧へ戻る

松下政経塾見学会&説明会
~私はこうして銀行を、法曹界を、NPO経営を巣立ち、松下政経塾での挑戦を決めた~

去る6月9日、神奈川県茅ヶ崎市の松下政経塾にて見学会兼説明会が開催されました。
 
松下政経塾の歴史、概要、人材育成方針などの説明に加え、現役塾生によるパネルトーク、そして小グループに分かれての塾内の施設案内や自由質疑を行い、盛りだくさんの内容となりました。

松下政経塾の人材育成・概要説明 塾頭 金子一也(第12期)

今年リニューアルした塾紹介ムービーに続けて、塾頭の金子より松下政経塾での人材育成方針を説明しました。素志を磨きビジョンを固める「基礎課程」、そして塾の外の現場に飛び込みビジョンを実現する力を養う「実践課程」のそれぞれの意義などをお伝えしました。
 
質疑の時間には、「塾設立から約40年が経ち、設立当初と現在とで塾生の採用や研修内容にどういった変化がありますか?」といった質問も出るなど、説明会に臨む参加者の皆様の真剣な姿勢がひしひしと伝わってきました。

現役塾生によるパネルトーク

今回の説明会の目玉は、異なるバックグラウンドを持つ3人の現役塾生によるパネルトークです。
 
松下政経塾はこれまで約40年にわたり、政治家や企業経営者、社会起業家や教育者、研究者など多様な分野に卒塾生を輩出してきました。入塾生についても同様に、年齢も学歴も職務経歴も千差万別で、異なる個性の塾生が日々切磋琢磨して研究・研修に臨んでいます。
 
そこで、イベントタイトルにもある通り、金融出身の福井塾生(37期生)、弁護士出身の須藤塾生(39期生)、そしてNPO出身の私薄井(39期生)が、それぞれの入塾の経緯や志望動機、そして入塾後に感じていることを率直にお伝えするパネルトークを実施しました。

福井塾生は、学生時代に「世界で活躍する女性」に憧れたエピソードから、銀行に勤めていた時の経験、そして現在実践課程で取り組んでいるラオス・ネパールの女性の自立支援の活動などを紹介しました。

須藤塾生は、弁護士として活動する際に感じた「誰も幸せにならない不条理な法制度」への憤り、そして弁護士の立場からできることの限界について説明するとともに、自らが退路を絶って政治の力で未来を変えていくという力強い決意を表明しました。

私は大学時代にソーシャルビジネスと出会ったこと、そしてそこから国際協力NGOの経営に携わることになったエピソードをお伝えし、その仕事の中で「一個人や一組織の枠を超えて『社会善』の最大化をしていきたい」という想いを抱くようになったという入塾までの経緯をお伝えしました。
 
その後私がファシリテーターを担当し、福井塾生・須藤塾生に対して、「入塾前と実際に入塾してからの印象の違いは?」「研修・研究をしていく中で感じる松下政経塾の利点や意義は?」「応募に際して家族など周囲の反応は?」といった、やや答え辛い質問も交えながら、参加者の皆さんの目線で気になるポイントに迫りました。
 
事後アンケートでもパネルトークについて非常に良かったという声を多数いただき、短い時間ながらなんとか有意義なコンテンツにできたかなとホッとしました。

グループに分かれての施設見学

最後に3グループに分かれて塾内の施設見学を実施しました。案内役は金塾生・立石塾生・波田塾生(ともに39期)が担当し、入塾後に実際生活することになる寮室や食堂、そして研修で使用するお茶室や研修棟などを、それぞれの歴史やエピソードを交えながら紹介しました。
 
非常に広い敷地のため、ぐるっと1周ご案内するのに40分ほどかかりますが、塾見学中も質問が飛び交い、皆さんの高い関心が伺えました。

おわりに

当日は雨が心配されましたが、大変幸運なことに天気に恵まれ、たくさんの方にご参加いただくことができました。改めまして、ご来場いただき本当にありがとうございました。
 
今回お会いした方から、今後一緒に松下政経塾生として活動していく「仲間」が生まれることを心より楽しみにしております。
 
現在第40期生(2019年4月入塾)の募集を行っています。年3回のエントリー機会を設定しておりますが、最後のC日程のエントリー締め切りが迫っております。
 
エントリーの最終締め切りは2018年7月31日(火)です。少しでもご興味を持った方は、まずは是非下記リンクよりWEBエントリーシートをご覧になってみてください。
https://www.mskj.or.jp/entry/
 
また、6月29日(金)には東京で、7月6日(金)には名古屋で、それぞれ説明会を予定しております。今回の見学会ともまた違った内容で、卒塾生の原口一博衆議院議員(第4期)や、松下政経塾の理事を務める箕浦輝幸氏(トヨタ紡織株式会社元相談役)のご講演なども予定されております。
無料の説明会となっておりますので、ご興味のある方は是非こちらも参加をご検討いただければと存じます。
 
松下政経塾説明会 in 東京(八重洲) ※終了しました。
松下政経塾説明会 in 名古屋 ※終了しました。
                                              薄井大地(39期生)

一覧へ戻る

  1. HOME >
  2. イベントレポート一覧 >
  3. 松下政経塾見学会&説明会
    ~私はこうして銀行を、法曹界を、NPO経営を巣立ち、松下政経塾での挑戦を決めた~
ページの先頭へ