イベント

Event

2024/4/25

2025年4月入塾(第46期生)募集 説明会

下記の日時にて「2025年4月入塾(第46期生)募集 説明会」を開催します。
松下政経塾の概要説明、現役塾生による研修・研究・塾生生活等々についての説明と質疑応答が行われます。

開催日時・場所

東京会場

2024年6月5日(水)19:00~20:30(受付開始 18:45)
お申込はこちら

場所:TFSビジネスラウンジ
https://tfs-biz.jp/index.html#access
〒160-0004 東京都新宿区四谷3-11 山一ビル4F

2024年6月27日(木)19:00~20:30(受付開始 18:45)
お申込はこちら

場所:TFSビジネスラウンジ
https://tfs-biz.jp/index.html#access
〒160-0004 東京都新宿区四谷3-11 山一ビル4F

2024年5月25日(土)10:00~11:30
終了いたしました

オンライン Zoom

2024年7月3日(水)19:00~20:00(入室開始 18:55)
お申込はこちら

2024年8月23日(金)19:00~20:00(入室開始 18:55)
お申込はこちら


大阪会場

2024年5月18日(土)10:00~11:30
終了いたしました

参加費

無料

プログラム

  • 松下政経塾概要説明
  • 塾生による説明・発表
    ~現役塾生
  • 質疑応答

発表者紹介

6月5日(水)説明会(東京)

三藤 壮人(43期生) 
広島県福山市出身。国際基督教大学教養学部アーツ・サイエンス学科卒業。自らの家庭環境と大学における分野横断的な学びを通じて、人生の様々な局面で家族に頼らざるを得ない日本社会のあり方に危機感を覚える。多様な家族観を包摂する社会づくりを探究するため入塾。

山下 かおり(45期生) 
神奈川県出身。高校卒業後、スイスとアメリカへクラシックバレエ留学。帰国後、大阪大学人間科学部に進学する。卒業後、地域活性コンサル会社、就労移行支援事業所で勤務する。障害のある家族の当事者として、一人ひとりの可能性が発揮される社会の実現を目指し入塾。

山中 貞正(45期生) 
東京都世田谷区出身。慶應義塾大学総合政策学部卒業。芸能活動、米国留学、スタートアップ支援等を経験する中で、日本の文化力に希望を見出す。世界に誇る文化国家として、文化の力を通して世界の繁栄、平和、幸福に貢献する「文化大国日本」の実現を目指す。

6月27日(木)説明会(東京)

伊崎 大義(42期生) 
福岡県北九州市出身。大阪大学人間科学部卒業後、関西電力で燃料貿易、オトバンクでITビジネスに携わったのち入塾。この国の閉塞感を打ち破るには、自立した地方政府による多様なソリューションの追求こそが重要であると考え、地方分権と国内外の都市間連携を通じた日本の繁栄を目指す。

斉藤 竜貴(45期生) 
神奈川県横浜市出身。早稲田大学政治経済学部を卒業後、防衛省陸上自衛隊に入隊。幹部自衛官として勤務する中で、日本が「領土、国民、民主主義を基調とする主権」を守り抜く重要性を痛感。100年後に国際社会で生き残れる主権国家日本の実現を目指し入塾。

野田 怜弥(45期生) 
熊本県出身。横浜市立大学国際総合科学部卒業。在学中はNGOインターンとしてウガンダで活動。国内外のNGOと関わる中で、課題が山積し改善・解決が追い付いていない現状に危機感を抱き入塾。共感を生む情報発信によって、当たり前に助け合う世界を目指す。

7月3日(水)説明会(オンライン)

赤木 亮太(43期生) 
愛知県日進市出身。慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科修了。小学校に勤務する中で、複雑な生きづらさを抱えた子どもや保護者を内包するためには制度にアプローチする必要性を実感。公教育を軸に探求し、誰もが必要な時に頼り合える社会の実現を目指す。

清水 紀沙(43期生) 
宮崎県生まれ。近畿大学法学部法律学科卒業。海外生活で外国人が自らのルーツや国を愛する姿を目の当たりにし衝撃を受ける。日本が国際社会で生き残る道筋を示すことで将来への不安感を取り除き、誰もが自尊心を育み、生き生きと幸福を追求できる社会の実現を目指すため入塾。

8月23日(金)説明会(オンライン)

渡邊 真太朗(43期生) 
栃木県那須烏山市出身。学習院大学経済学部卒業。足利銀行勤務を経て、栃木県知事後援会事務所入所。人口減少が進む都市部と地方の格差是正や地方創生の必要性を強く感じ、東京一極集中の解決と首都機能等移転を含めた地方分散社会の実現を目指すため入塾。

落合 拓磨(44期生) 
山形県天童市出身。京都大学大学院法学研究科修士課程修了。東日本大震災を契機に、東京と地方、太平洋側と日本海側の地域間格差に疑問を抱く。出身地にかかわらず進学や就労の機会均等が保障された国土づくりと、日本海側地域の連繋強化の実現を目指し入塾。


5月18日(土)説明会(大阪)

水上 裕貴(42期生) 
北海道札幌市出身。東京学芸大学大学院修了。ドイツ・ハイデルベルク大学哲学部への留学を契機に、「真・善・美」の哲学的問いに関心を持つ。言葉や事象の背後にある原像を扱う哲学、宗教、芸術を頼りに、「観想・寛容・感動」社会実現を目指している。

5月25日(土)説明会(東京)

大瀧 真生子(42期生) 
茨城県出身。早稲田大学教育学部卒業。女性アスリートの環境改善にはじまり、現在は日本社会のジェンダーギャップ解消に取り組む。女性の健康課題や男性の生きづらさ、地域間格差等の解消を通じ、互いの違いや変化を受容し尊重できる社会の実現を目指す。

出口 洋希(43期生) 
滋賀県大津市出身。同志社大学法学部卒業。大学在学中に出会った家族や、自身の経験から、多様な家族のかたちが存在することを実感。入塾後、地域や文化等に着目し、家族を支える社会の実現に向けて研修を行う。

桶屋 誠人(44期生) 
茨城県出身。東京工業大学卒業後、東京大学大学院理学系研究科修士課程修了及び同大学法科大学院中途退学。大学院在学中より衆議院議員事務所にて秘書業務に従事。衰退する日本の科学技術の現状に危機感を覚え、イノベーションが促進される社会の実現を志し入塾。

お申込み

東京会場

6月5日(水)開催 お申込はこちら

6月27日(木)開催 お申込はこちら

5月25日(土)開催 終了いたしました

オンライン Zoom

7月3日(水)開催 お申込はこちら

8月23日(金)開催 お申込はこちら

大阪会場

5月18日(土)開催 終了いたしました

お問い合わせ

松下政経塾 塾生募集事務局
boshu@mskj.or.jp

受付中のイベント

Back