松下政経塾 The Matsushita Institute of
Government and Management

日本語英語
  • プロローグ
  • 設立趣意書
  • 塾是・塾訓・五誓
  • 代表者挨拶
  • 研修方針
  • カリキュラム
  • 施設紹介
  • よくある質問

代表者挨拶

松下政経塾とは 代表者挨拶

公益財団法人松下幸之助記念志財団理事長 松下正幸

公益財団法人松下幸之助記念志財団  理事長 松下正幸

新たなシナジーを目指して

 祖父 松下幸之助は、94年の生涯においてパナソニックの創業、PHP研究所や松下政経塾の創立に加えて、社会の発展に資する多くの財団を設立してまいりました。

 2019年、「松下政経塾」と「松下幸之助記念財団」を合併し、新たに『公益財団法人松下幸之助記念志財団』を発足させて頂きました。

 「松下政経塾」では、設立以来40年以上、有為な青年に研修の場を提供し、将来各界の指導者となりうる人財の育成に取り組んできました。一方「松下幸之助記念財団」では、我が国と諸外国との国際相互理解の増進とこれに資する国際人の育成、及び人間が自然を尊び調和しながら生きる共生社会の実現に貢献された方々への顕彰活動を進めてまいりました。

 これら二つの財団は、松下幸之助の願いでもあります『人類の繁栄、幸福と世界の平和の実現』という共通理念を有し、共に人財育成に取り組んでまいりました。

 合併を機に両財団を巣立ち研究成果を上げてきた「人的資源」、ご指導を賜ってきた多くの先生方や役員の皆様の「ご見識」、長年培ってきた「経営ノウハウ」等を相互に交流し、シナジーを高めつつ、更に積極的に初期の目的達成の為に取り組んでまいります。

 今後ともよろしくご指導ご支援賜りますようお願い申し上げます。

建塾の理念を受け継ぎ、
長期的展望を描くリーダーの育成を

公益財団法人松下幸之助記念志財団松下政経塾 塾長 遠山 敬史

建塾の理念を受け継ぎ、
長期的展望を描くリーダーの育成を

 松下政経塾はパナソニック株式会社(旧:松下電器産業株式会社)の創業者である松下幸之助が1979年に創立した私塾です。

 その目的は塾是に示されているように「国家の政治・経営の理念を探求」し「人類の繁栄幸福と世界平和に貢献」することです。

 以来43年を経た現在、まだまだその使命達成には道半ばというのが現状だと思います。
この間、294名の卒塾生が政治・経営・学術などの分野で日夜精一杯の活動を続けそれぞれの「志」の成就に向けて努力をしています。

 松下政経塾の使命は、卒塾生に続き塾生全員が国家の経営理念・ビジョンを探求しながら力強く実践活動を行うことです。そのために高い志を持ち、強い信念と責任感を持つ有為の若者たちに研修の場を提供し、切磋琢磨による成長を促します。

 世界中で新型コロナウィルスが猛威を振るい、米中のデカップリングが進行し、格差はますます拡大する現在、各国のリーダー、企業トップなどにはポピュリズムを排した真のリーダーシップが求められています。松下政経塾では「自修自得」「現地現場」を基本に40年間の蓄積をもとに、リーダーシップの探究に注力していきます。

 「地域経営」「国家経営」「SDGsのその先に」…
道なき道を切り拓く「志」をもっている皆さん。是非、勇気と熱意を持って松下政経塾に飛び込んできてください。
私たちは待っています。

  1. HOME >
  2. 松下政経塾とは >
  3. 代表者挨拶
ページの先頭へ