プロフィール一覧へ戻る

千田勝一郎

第26期

千田勝一郎

(ちだしょういちろう)

略歴 本籍 岩手県奥州市
1970年12月23日生まれ。
父親が当時農業研究・指導をしていた台湾で生まれる。
1982年、日本へ帰国、水沢中学校などで学ぶ。
1994年、立教大学卒業(在学中に1年間休学し、ワーキングホリデー制度にてオーストラリアに滞在)。
1994年、三菱商事株式会社入社。発電プロジェクト、石油探鉱開発投資・開発プロジェクトなどの立ち上げに従事。
2001年より米国テキサス州ヒューストンの石油開発プロジェクト会社に経営陣として出向勤務。
2005年、松下政経塾入塾。主な研究分野は外交・安全保障。
2006年、自民党岩手県参議院選挙区第一支部支部長
2007年、参議院議員通常選挙出馬(次点)
2008年、衆議院議員秘書
2011年、神奈川県知事特別秘書
2016年、ハーバード経営大学院上級経営管理課程(AMP)修了
2016年、神奈川県知事特別秘書 兼 知事補佐(グローバル戦略担当)
テーマ 外交・安全保障
「誇りをもてる日本」及び「世界から信頼される日本」の実現
趣味 旅行(日本全都道府県及び世界30ヶ国近くを旅行、一番好きなのは日本の温泉旅行)
語学(中国語、実用英語技能検定1級)
スポーツ 柔道(講道館2段、米国柔道協会会員、小中高生に指導経験あり)
筋トレ、ジョギング(フルマラソン完走)、ボクシング
  (2017年3月 現在)

塾生レポート

2006年9月
人間観を学ぶことを通じて塾生としての使命と責務を考える
2006年8月
日本の在るべき国家像の確立に向けて~千田ビジョン~
2006年7月
金子堅太郎が日露戦争期に果たした広報外交の役割

研修レポート

2005年10月
「100キロ行軍」を終えて
2005年6月
関西研修レポート
ページの先頭へ