プロフィール一覧へ戻る

西田一平太

第29期

西田一平太

(にしだいっぺいた)

略歴 1973年(昭和48年)11月生まれ 東京都出身
ニューヨーク州立大学(SUNY)卒業(B.A.) (国際経済学専攻、国際関係学・地理学・コミュニケーション学を副専攻)後、ロンドン政治経済学院(LSE)にて開発学修士号取得(MSc.)。
海外日系企業の組織改革コンサルティング等、民間企業を経て、国際NGO「国境なき医師団」に非医療者のボランティアとして参加。
南スーダン・リベリア共和国・韓国での現場活動のほか、日本の事務局で勤務した。
2007年内閣府国際平和協力本部事務局研究員を経て、2008年4月より松下政経塾に第29期生として入塾。
2011年3月に卒塾後、同塾にて東日本大震災の被災地支援活動に従事(災害後方支援担当)
現在、東京財団研究員兼政策プロデューサー
・NPO法人岡崎研究所 特別研究員(H21年7月~H23年3月)
【卒塾フォーラム】
外交・安全保障を考える市民フォーラム
「アジア新時代の日本 ~脅威と役割、私たちの課題~」
テーマ 「“豊かな”ミドルパワーの国を目指して」
民意とは何か。国益とは何か。そして、現代に生きる私たちの豊かさとは何か。これらを意識しつつ、日本のあるべき姿と私のありたい姿を追い求めます。
  (2013年10月 現在)

塾生レポート

2010年8月
「歴史への貢献」を考える/歴史観レポート
2010年7月
小国・シンガポールから、国家の根本を学ぶ/国家観レポート
2010年6月
日本的豊かさの条件 ~二層構造の精神性~
2010年3月
“豊かさ”の根底にあるべきもの / 人間観レポート
2009年5月
素志実践レポート:「国是」探究と「政治の生産性」向上
2009年4月
素志レポート:「“豊かな”ミドルパワーの国を目指して」
2009年3月
とらわれのない心をもって歴史を育む
2009年2月
和の国日本の民主主義
2008年7月
いま一時の人間観を養う

研修レポート

2009年3月
日本の伝統精神:「和」を尊ぶ
2008年10月
100キロ行軍レポート
2008年9月
営林実習レポート:畏れの文化
2008年7月
製造実習レポート
ページの先頭へ