プロフィール一覧へ戻る

宇佐美登

第10期

宇佐美登

(うさみのぼる)

HP http://www.usami21.com/
略歴 昭和42年2月15日生(46歳)
いわき市平出身の父、長野県出身の母の子として、東京都大田区に生まれる。
早稲田大学理工学部卒業、松下政経塾10期生
米国の環境エネルギー研究所を経て、26歳で衆議院議員初当選。通算2期。
元(社)日本WHO(世界保健機関)協会会長
3.11で7人の親戚(平薄磯)を失ったことを期に、亡き父の故郷「いわき」の再生・復興のスピードアップに全力を傾けることを決意。
現在、4人の子育て真っ最中。
<衆議院時代の主な実績>
・タヒチムロア環礁で仏の核実験に抗議。仏軍に一時拘束される。
・携帯電話の自由化や車の6ヶ月点検廃止、高速道路でのバイク2人乗り自由化などの規制緩和を行う。
・長良川河口堰などの公共事業のあり方にメスを入れる。
<印象に残った政治活動>
・タヒチ ムルロア環礁でフランスの核実験に反対、仏軍に一時拘束されたこと。
著作 「2045発目の核―仏核実験再開に抗議したある日本人の記録」 共著 PHP研究所 1996年
「永田町からの政治論」 松下政経塾出身代議士15人会(共著) PHP研究所 1996年
テーマ 医療政策 規制緩和 情報公開 特殊法人
国際環境政策 核廃絶 子育て
活動地域 福島県いわき市
趣味 バドミントン ラグビー 野球 サッカー 囲碁 将棋 釣り パソコン ドライブ 子育て
座右の銘 知行合一
尊敬する人物 アウンサン・スーチー女史(1995年 日本の国会議員として初めてお会いした)
愛読書 論語 大学 ワンピース
  (2013年8月 現在)
ページの先頭へ