プロフィール一覧へ戻る

第3期

前田正子

(まえだまさこ)

略歴 早稲田大学卒業後松下政経塾入塾。
卒塾後、政経塾職員、92年退職。
1992年から1994年米国ノースウエスタン大学ケロッグ経営大学院留学。経営学修士。
1994年よりライフデザイン研究所副主任研究員。総理大臣諮問機関「少子化への対応を考える有識者会議」委員。
2002年慶応大学大学院商学研究科修了。商学博士。
第一生命経済研究所ライフデザイン研究本部・主任研究員を経て、2003年より横浜市副市長。
2007年 横浜市副市長、任期満了にて退任。
2010年6月末、財団法人横浜市国際交流協会 理事長 退任。
総理大臣主宰・地域主権戦略会議構成員(権限委譲担当主査)(~2012年)
社会保障と税の一体改革集中検討会議委員(~2012年)
現在、甲南大学マネジメント創造学部 教授。
著作 「福祉がいまできること」 岩波書店 2008年
「子育てしやすい社会」 ミネルヴァ書房 2004年
「子育ては、いま」 岩波書店 2003年
「福祉ミックスの設計」 加藤寛、丸尾直美編(共著)有斐閣 2002年
「少子化時代の保育園」 岩波書店 1999年
「保育園は、いま」 岩波書店 1997年
論文 「『全国子育てマップ』に見る保育の現状分析」 国立社会保障・人口問題研究所編  「少子社会の子育て支援」 東京大学出版会 2002年
論文 「ファミリーフレンドリーな職場と労働組合の役割」 「日本労働研究雑誌」 No.503 2002年6月号 日本労働研究機構
  (2013年10月 現在)
ページの先頭へ