松下政経塾 The Matsushita Institute of
Goverment and Management

日本語英語


塾生レポート 一覧へ戻る
2002年1月

塾生レポート

言葉を育てる
山本満理子/卒塾生

 

言葉を育てる

 言葉には不思議な力がある。言葉を交わすことによって喜びや悲しみを共有できたり、傷ついた心を癒したり、落ち込んだ人を励ましたり、情熱に火をつけたり――。でもたったひと言で人を殺してしまう、そんな恐ろしい凶器にもなりかねない。今、教育現場で子どもたちを取り巻いているいじめや不登校、引きこもりといった諸問題には、原因として様々な要素考えられるが、しかし、何気なく発せられた友達の言葉に傷つき、自分を内に閉じ込めたり、死に追いやったりしている例が数多く存在している気がしてならない。数年前に「ボキャ貧」という言葉が流行語大賞に輝いたが、子どもたちの対話能力の低さが、想像もしていなかった不幸を招いているのである。

 日本人が他者との対話を苦手とすることはよく言われることであるが、それはなぜなのか。中島義道氏によると「わが国では、ウチにおいてもソトにおいても中間地帯としての世間においても、他者と正面から対立する場がない。自分と他者との(微妙な)差異を正確に測定したうえで、その差異を統合しようとする場(ここに〈対話〉が開かれる)が完全に取り払われているのだ。」(『〈対話〉のない社会――思いやりとやさしさが圧殺するもの――』中島義道著、PHP新書)という。確かに現在、1億人以上もの人間が使用し、独自に高度な文化を築いている言語で、他国語の影響を長期間受けなかった言語は、日本語が唯一と言ってもいいであろう。漢字が流入し、そこから日本独自のかな文字が成立、その後、894年の遣唐使廃止に象徴される国風文化の成立から19世紀の「開国」までの約1000年間、日本は文化的には事実上の鎖国に近い状態であった。特に安土桃山時代以降の約300年は、極端に人口流動性の低い社会が、日本全土に形成された。人口の大半を占める農民たちは生まれてから死ぬまで、自分の藩、自分のむらの外に出ることもなく、他国はもとより他地域の文化に触れることさえなかった。このような社会では、異なる価値観のすり合わせ、差異から出発するコミュニケーションとしての「対話」は必要ない。なぜなら生まれてから死ぬまで、まったくの「他者」とは出会わないからだ。こういった狭い閉じた社会では、村のなかで知り合い同士がいかにうまく生活していくかだけを考えればいいのであって、お互いの事情や来歴を知った者同士のさらなる合意形成に重きをおく「会話」を中心とした言語が発達するのも無理はない。

 今、21世紀を迎え、世界は国際化、複雑化の一途をたどっている。現代を生きる日本人は、他者との出会い、異文化との出会いを必然的に迫られ、対話の能力は以前にも増して要求されている。しかし学校は相変わらずかつての村社会と同じ様相を呈しており、子どもたちは教室の中で気の合った仲間としか会話を交わさない。そんな環境では対話の能力など育つはずがない。このまま今までのように「日本人なら放っておいても日本語は話せるようになる」と言っていては、ますます悲劇を招くだけである。

 というわけで、子どもたちの対話能力向上の必要性を感じた私は今、“「言葉」のプログラム”の開発を進めている。このプログラムは、4月より京都府久御山町の佐山小学校で、総合学習の時間を使って実施することになっている。しかし、いかんせん初めての試みのため、今年度はあくまでも施行期間とし、授業記録をとりながらその都度改善し、来年度から正式にスタートする予定である。現段階で考えを以下に示すので、是非一人でも多くの方からご意見を伺い、もっと充実させていきたい。

低学年 “ことばを感じる”

(1) はっきりと声を出すプログラム
◇ 発声・発音練習
:私たちが英語を学習するとき、まず正しい発音をするために、舌の位置や口の形などを習う。日本語にも同様に正しい発音というものがあるにもかかわらず、それがきちんと教えられることはない。教えなくともできていると思われるだろうが、実は私を含めて正しく発音できている人は意外と少ないのである。ということで、まずは正しい日本語の発音といい声の出し方から学んでいく。

◇ 口の体操
:上に述べたように正しい発音をしようと思えば、まずは口の形が大切になってくる。意識してみれば気付かれると思うが、きちんと口を動かして話している人は意外と少ない。発声・発音練習とともに口の体操も取り入れる。

◇ 表情訓練
:口の形と表情は密接な関係を持っている。また言葉で表現しようとすれば表情はおのずと大切な要素となってくる。表現能力の向上には表情は欠かせない。
(2) いい言葉、悪い言葉
◇ いいことば探し
:以前に月例でも触れたことがあるが、子どもたちに「いい言葉と悪い言葉」というアンケートを取ったところ、悪い言葉と思う言葉は際限なくあげられるのに、いい言葉と思う言葉は意外と少ないことに驚き、さびしさすら感じている。しかし、それは子どもたちのボキャブラリーが少ないだけで、日本語には珠玉の言葉があふれている。様々な体験を通して、そういった素敵な言葉を拾い、自分のものとして獲得していくことを狙う。

◇ 相手の反応は?
:自分がいい言葉、悪い言葉と思う言葉を発したとき、相手がどのように感じるか、そしてどのような反応を示すかを、実際に確かめてみる。

◇ 気持ちをことばにする訓練
:以上のことを踏まえて、思ったことを相手の気持ちを害することなく言葉にする訓練を行う。

高学年 “ことばを使う”

(1)思いをことばにする訓練
:低学年の最終段階のおさらいをするとともに、単に感情だけでなく、思いを言葉にする。そして、リズムや言葉の強弱によって、それを相手の心にきちんと届ける訓練をする。

(2)聞く力をつける
:人はどうしても他人の話を自分の経験の中で出来上がったフィルターを通してしか聞くことができない。しかしそれでは本当に相手の言いたいことを正確に理解できているとは言えない。相手の言っていることを、できるだけ自分のフィルターにかけず、相手の思いのままに受け取る訓練をする。

(3)ことばのキャッチボール
:実際にボールを使ってキャッチボールを行いながら、質問に対して瞬時に答えを述べる訓練をする。
 言葉の正しさと、その内容の豊かさは直接的には関係がない。どんなに正しく美しい日本語でも、中身が醜ければ、それは取るに足らないものである。このプログラムにおいては、子どもたちの発する言葉をまずはとにかくすべて受け止めることからはじめたい。正しいか正しくないかは、後で子どもたち一人一人が自分たちの力で考えるようにしたい。それがたとえ他人を傷つけるような言葉であっても、そのこともいっしょに考えていきたい。他人を傷つけたり、傷つけられたり、あるいは自分の思いが他人にまったく通じないという経験を通してのみ、子どもたちはコミュニケーションの技術を学んでいくのである。

 私たちは今、時代の大きな曲がり角に立って、価値観の転換を迫られている。表現の形態、表現と言う言葉の持つ意味も、時代とともに変わらざるを得ない。これからは明確な情報の伝達よりも、曖昧な感情や気分や感性をいかに表現するかが重要になってくるだろう。知識や小手先の話術ではなく、身体から出てくる微細で多様な表現、つまり全人格が、コミュニケーションの優劣を決定する要素となり手段となる。まずは言葉を豊かにすることから始めよう。言葉は自己と外とをつなぐ扉であり、そして自分の内側を豊かにする道具でもある。言葉を豊かにし、表現を豊かにすることによって、豊かな人間関係を築いていこう。
2002年1月 執筆
  1. HOME >
  2. 卒塾生一覧 >
  3. 山本満理子 >
  4. 言葉を育てる
ページの先頭へ