松下政経塾 The Matsushita Institute of
Goverment and Management

日本語英語

プロフィール 一覧へ戻る

プロフィール

第10期

小峯弘靖

(こみねひろやす)

略歴 1964年生まれ
89年 3月 上智大学外国語学部英語学科卒
92年12月~95年6月 ハーバード・ビジネススクール、シニア・リサーチ・アソーシエイト(組織行動・人的資源経営部門、ジョン・P・コッターのアシスタント)
96年12月 シラキュース大学マックスウェルスクール・オブ・シチズンシップ・アンド・パブリックアフェアーズ修士課程修了(Master of Public Administration)
97年 7月 ポリグロット・インターナショナルに入社、そのかたわらフジタ未来経営研究所研究員を兼任
98年10月 PHP総合研究所入所 国家経営研究部副主任研究員、PHP Global e-Forum 編集部副編集長等を経て、
09年12月~13年12月まで、内閣府行政刷新会議事務局「職員の声」担当室室長、内閣官房情報公開法改正準備室次長、内閣官房国家戦略室企画調整官、大臣官房公益法人行政担当室企画官
04年 3月 慶応義塾大学政策・メディア研究科後期博士課程単位取得退学
現在、公共政策アドバイザリーのGR Japan 株式会社にて、マネージャー(公共政策)
著作 『日本の技術戦略-21世紀へのシナリオ』 共著 総合行政出版 (90年4月)
『FIF Monograph No.1-1 日米行政改革プロジェクト-クリントン政権の行政改革は、日本に何を示唆するのか-』フジタ未来経営研究所 (98年9月)
『世界はこうして財政を立て直した-9ヵ国の成功事例を徹底研究』 共著 PHP研究所 (2001年8月)
『脱「官僚主義」―欧米の行政に革命を起こした「リインベンション」とは何か』 PHP研究所 〔翻訳〕 (2001年10月)
『財政革命 終わりなき財政危機からの脱出』 日本能率協会マネジメントセンター 〔翻訳〕 (2013年3月)
テーマ 政策過程、日本政治(医療、観光、防衛の政策に係る政府と国会との関係)、米国政治(連邦行政府・立法府、州政府・議会)
活動地域 世界
座右の銘 「松下政経塾五誓」「正義なき政策立案に意味はなし」
“Thy sea is so great and my boat is so small.”
趣味 Robert Redfordが出演する映画の鑑賞(特に"The Candidate", "Brubaker", "Sneakers", "Spy Game", "Lions for Lambs"を好む)
  (2021年11月 現在)
  1. HOME >
  2. 卒塾生一覧 >
  3. 小峯弘靖
ページの先頭へ