松下政経塾 The Matsushita Institute of
Goverment and Management

日本語英語

プロフィール 一覧へ戻る

プロフィール
深作光輝ヘスス

第36期

深作光輝ヘスス

(ふかさくこうきへすす)

埼玉県知事 政務秘書
略歴 ペルー リマで生まれ半年後に日本へ。
成蹊大学卒業後、(財)青少年国際交流推進センター、在アメリカ合衆国日本国大使館で勤務後、エムスリーキャリア株式会社に就職。外交を軸とした安全保障の研究を通し、自国及び世界の繁栄を実現させる方法を探究すべく入塾を決意。

在塾中は徹底した現地現場での研修を実施。
2017年から米国連邦議会下院議員Tulsi Gabbard(D-HI02)氏の政策スタッフ(Legislative Fellow)として米国の外交政策の一翼を担う。

卒塾後は、宇宙航空研究開発機構(JAXA)ワシントンD.C.駐在員事務所、連邦議会コンサルタント、内閣府国際交流事業事業ファシリテーターを経て現職
  (2021年11月 現在)

塾生レポート

2018年7月
新たなる市場・国防としての宇宙

実践レポート

2018年5月
同盟国視点で眺める日米同盟と、日本の立ち位置(2)
2018年4月
同盟国視点で眺める日米同盟と、日本の立ち位置(1)

共同研究

2017年3月
第36期生 共同研究レポート『あなたは地元のお店を支えようと思いますか? -私たちが復興期におけるグループ補助金を必要だと考える理由-』
  1. HOME >
  2. 卒塾生一覧 >
  3. 深作光輝ヘスス
ページの先頭へ