プロフィール一覧へ戻る

渡邉典喜

第36期

渡邉典喜

(わたなべのりよし)

略歴 栃木県宇都宮市生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業後、バックパッカー、在外公館での開発援助業務、東日本大震災復興支援業務と様々な場所で日本を見つめる中、将来の日本に対して危機感を覚え、負担を先送りせず決断できる責任ある民主主義国家を目指すため入塾を決意。
テーマ 30年後に説明可能な日本社会の実現
  (2015年4月 現在)

共同研究

2017年3月
第36期生 共同研究レポート『あなたは地元のお店を支えようと思いますか? -私たちが復興期におけるグループ補助金を必要だと考える理由-』
ページの先頭へ