プロフィール一覧へ戻る

島川崇

第19期

島川崇

(しまかわたかし)

HP http://www.toyo.ac.jp/site/dtrs/shimakawa.html
略歴 1970年 愛媛県松山市生まれ
1993年 国際基督教大学卒業
5年間日本航空に勤務後、松下政経塾に入塾
ロンドンメトロポリタン大学経営学修士(MBA)観光学専攻課程修了
韓国観光公社海外振興所日本部客員研究員を経て、2001年7月 参議院議員選挙に愛媛選挙区から立候補、次点で落選
大検フリースクール 「島川勉強堂」 を設立
(株)日本総合研究所 研究事業本部新ユビキタス社会創造クラスター研究員、東北福祉大学 講師を経て
2009年4月より東洋大学国際地域学部 国際観光学科 准教授
東京工業大学大学院 情報理工学研究科 情報環境学専攻 博士後期課程 在籍
著作 ・第8回 日本国際観光学会主催国際観光論文大会 優秀賞受賞  「外国人観光客誘致の問題点」
・第9回 日本国際観光学会主催国際観光論文大会 優秀賞受賞  「国際観光開発の問題点~EUの事例から」
・「観光につける薬」 同友館 2002年 日本国際観光学会推薦図書
・「旅行業入門」 日本国際観光学会編(共著) 同友館 2004年
・「ソフトパワー時代の外国人観光客誘致」(編著) 同友館 2006年
・「航空会社と空港の福祉的対応」 福祉工房 2008年
・「観光マーケティング入門」(共著) 同友館 2008年
・「サービス&ホスピタリティ・マネジメント」(共著) 産能大学出版部 2011年
・「松下幸之助の観光立国論と観光振興におけるサスティナビリティの重要性」 第2回ツーリズム学会賞論文奨励賞 2011年
・「地域資源として被災者からも受け入れられる被災惨禍の保存手法の考察」 日本都市計画学会論文集 Vol.47 No.3 2012年
・「旅行業概論」(共著) 同友館 2012年
テーマ 観光政策(サステイナブル・ツーリズム、インバウンド振興、開発途上国の観光、福祉観光、被災地観光、観光とCSR)
運輸政策、観光交通論
ソフトパワー戦略
活動地域 東京・岩手(三陸沿岸を中心に) インドネシア・バンダアチェ
  (2013年10月 現在)

塾生レポート

2001年2月
日韓中文化観光推進協議体構想-政経塾の全過程を終えるにあたって-
2001年1月
地域文化資源を生かす観光開発のあり方
2000年12月
空に太陽がある限り (c)浜口庫之助
2000年11月
ツーリズムとイメージ
2000年10月
リバーダンスと民族のアイデンティティー
2000年9月
国際観光コンサルタントの役割
2000年8月
世界俳句大会の失敗例に学ぶ
2000年7月
ツーリズムコンサーンの取り組み(1)
2000年6月
心に田沢湖を (たざわこ芸術村・わらび座を再び訪れて)
2000年5月
What is Sustainable Tourism?
2000年4月
サスティナブルツーリズムと韓国観光公社の活動
2000年3月
MBAカンファレンス
2000年2月
カジノ導入の功罪
2000年1月
Sex Tourism and Hegemony Why is Sex Tourism not abolished and who profits from Sex Tourism?
1999年12月
日本の観光業界の問題点 ~インバウンド観光振興作戦!(2)~
1999年11月
たざわこ芸術村・わらび座の活動
1999年10月
日本の観光学序論 ―日本のインバウンド観光振興作戦!(1)―
1999年9月
英国の住宅政策研究を通して感じたこと
1999年8月
アートリテラシー向上作戦
1999年7月
ポストバブルの企業協賛とメセナ  冨田勲コンサートと全英オープンを通しての一考察
1999年6月
「千年文化 源氏物語」ロンドン公演のプロデュースに参加して
1999年5月
文化・芸術的視点から日本のアイデンティティを考える
1999年4月
毅然たる覚悟

共同研究

1999年3月
観光デスティネーションとしてのウズベキスタン
1998年3月
ウズベキスタン共同研究 国内分析 … 人材開発・育成に関する報告書

塾報

2000年12月
観光開発プロジェクトの問題点
2000年1月
インバウンド観光振興作戦!
1999年2月
中央アジア政策への提言(下)
1999年1月
中央アジア政策への提言(上)
ページの先頭へ