プロフィール一覧へ戻る

木村誠一郎

第35期

木村誠一郎

(きむらせいいちろう)

略歴 1979年大阪府堺市生まれ。東京理科大学理学部、東京工業大学大学院理工学研究科を修了後、三菱重工業(株)に入社。長崎研究所にて宇宙機器・水素エネルギー社会のための機器開発に従事。2010年に九州大学大学院・水素エネルギーシステム専攻博士課程に入学し、技術が社会に及ぼす影響を研究。在学中、米国、氷国、独国に留学。10年以上にわたり研究活動に従事する中で、政策の重要性に気付き、政治を志す。
九州大学カーボンニュートラル・エネルギー国際研究所研究員を経て、松下政経塾に入塾。エネルギー資源を「奪い合う物資」から「分かち合う物資」に変えるべく、エネルギー融通国ニッポンの実現を目指す。
また、「長崎新社会人ネットワーク」の仲間と共に、長崎の活性化や核兵器のない社会に向けた活動に関わり、これまで、長崎国際平和映画フォーラム、アイスランド海外平和原爆展、長崎夜景バスツアーなどを企画・運営。
テーマ 「2045年エネルギー融通国ニッポン」の実現
趣味 茶道、水泳、お風呂(温泉)、読書
備考 長崎県五島市在住(妻・長男)
博士(工学)、技術士(機械部門)
兼任・委員等 特定非営利活動法人長崎海洋産業クラスター形成推進協議会 支援コーディネーター
五島市再生可能エネルギー産業育成研究会 コーディネーター
 
九州大学カーボンニュートラル・エネルギー国際研究所 招聘研究員
長崎大学工学部 客員研究員
東京工業大学 非常勤講師
早稲田大学環境総合研究センター 招聘研究員
 
公益社団法人化学工学会 次世代エネルギー社会検討委員会 委員
国立研究開発法人科学技術振興機構 研究開発戦略センター 未来のエネルギー社会のビジョン俯瞰ワークショップ 平成28年度メンバー
日本学術会議総合工学委員会 エネルギーと科学技術に関する分科会 熱エネルギー利用の社会実装基盤小委員会 委員
月島機械株式会社 埼玉県下水道発生水素実証試験評価委員会 委員

著作・論文 Energy Technology Roadmaps of Japan “Infrastructure for Next-Generation Vehicles” pp.217-235 (2016)
http://link.springer.com/chapter/10.1007%2F978-4-431-55951-1_13
 
Energy Technology Roadmaps of Japan “Hydrogen Production” pp.147-165 (2016)
http://link.springer.com/chapter/10.1007%2F978-4-431-55951-1_9
 
Energy Technology Roadmaps of Japan “Present Status of Japan’s Energy” pp.23-32 (2016)
http://link.springer.com/chapter/10.1007%2F978-4-431-55951-1_3
 
化学工学会誌「エネルギーを届ける・貯める エネルギーのインフラと貯蔵・輸送技術」Vol.80, No.1, pp.32-35 (2016)
http://www.scej.org/publication/journal/backnumber/vol-80-01.html
 
International Journal of Hydrogen Energy "Design proposal for hydrogen refueling infrastructure deployment in the Northeastern United States" Vol.39, Issue 14, pp.7449–7459 (2014)
http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0360319914006053
 
Applied Energy “A scenario analysis of future energy systems based on an energy flow model represented as functionals of technology options” Vol.132, No.1, pp.586-601 (2014)
http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0306261914006722
 
Journal of Chemical Engineering of Japan “Present status and points of discussion for future energy systems in Japan from the aspects of technology options.” Vol. 47, No.7, pp.499-513 (2014)
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jcej/47/7/47_13we345/_article
 
博士論文(九州大学)「次世代自動車の導入に伴う社会的影響の評価手法に関する研究」(2012)
http://catalog.lib.kyushu-u.ac.jp/ja/recordID/462745
連絡先 メールフォームはこちら
https://www.mskj.or.jp/seikyu/formaskkimuras.html
  (2017年4月 現在)

塾生レポート

2017年4月
松下政経塾・塾生研究レポート 〜五島市における洋上風力発電プロジェクトに伴う経済効果〜 The Matsushita Institute Discussion Paper: Economic Impact of Offshore Wind Farm Project in Goto City
2016年10月
松下政経塾・塾生研究レポート 〜わが国における国際送電連系の意義に対する一考察〜 The Matsushita Institute Discussion Paper: Significance of Cross-Border Interconnected Power System for Japan Electricity Grid
2016年2月
松下政経塾・塾生研究レポート ~2045年エネルギー融通国に向けた私の挑戦~
2016年1月
わが国がとるべき経済・財政戦略 ~今こそ自国のエネルギー資源開発に投資せよ~

研修レポート

2017年6月
実践活動報告(その5) ~長崎県内企業の皆様へ:風力発電メンテナンス産業に参入しませんか~
2017年2月
実践活動報告(その4) ~風力発電メンテナンス産業による島おこし~
2016年11月
実践活動報告(その3) ~松下政経塾・塾員会賞を受賞して~
2016年8月
実践活動報告(その2) ~日本財団・海と日本プロジェクト「海洋産業フェスタ in Nagasaki」の取り組み~
2016年5月
実践活動報告(その1) ~エネルギー融通国に向けた長崎・五島での取り組み~

共同研究

2016年3月
第35期生 共同研究レポート『生涯現役から生涯青春へ 一生涯の「はたらく」を促す社会制度改革案』
ページの先頭へ