プロフィール一覧へ戻る

五味吉夫

第20期

五味吉夫

(ごみよしお)

略歴 1976年 12月7日生
1995年 長野県立諏訪二葉高校卒業
1999年 慶應義塾大学商学部卒業
2000年 韓国延世大学語学堂 留学
2003年 韓国ソウル大学院社会科学学部外交学科 修了
2003年 サントリー株式会社 入社
2008年10月~2013年3月 三得利(上海)食品貿易有限公司にて飲料事業担当、
2013年4月~2014年12月 サントリー酒類株式会社にて韓国酒類事業担当、
2015年1月より 三得利餐飲管理(上海)有限公司にて勤務
テーマ 日本の対アジア政策を考える
活動地域 日本長野諏訪郡、韓国仁川市、中国上海市
メッセージ 韓国、中国での生活を通じ、反日感情を持つ人ほど、『日本』『日本人』を知らないことが多いことに気付かされる。これは両政府の『教育』に拠るところが大きいが、今後は、『日本』を冷静に見ることが出来る海外の人材育成(親日派育成)が必要で、日本政府による広報、大衆文化(歌謡曲、映画等)の普及強化、日本への留学生の誘致などを今まで以上に積極的に推し進めていく必要がある。
意図的に作られた反日に呼応する『教育』により洗脳された国民(日本国民、他国民)に対し、今までのような曖昧な態度が問題を悪化、長期化させてきたことは明らかで、我々日本人は自身の意見を根拠と共に冷静に主張、発信していく必要があると考えている。
又『自身の国を愛する』という当然のことが、なぜか日本では『右翼』と称され、敬遠されてきたが、これも『教育』に拠るところが大きい。
その意味で、今の日本は対国内外に対し、当然のことが出来ていない環境下にある。
環境を変えていくことは容易なことではないが、変えていかなければもう後はない。
この異常な状況を私は変えていきたいと考えている。
  (2015年1月 現在)

塾生レポート

2002年2月
暴走する恐怖の中国
2002年1月
中国で感じたこと
2001年12月
朝鮮日報の社説を通じて考える
2001年11月
北朝鮮収容所を通じて考える
2001年10月
中国人教授の朝鮮半島分析を通じて
2001年9月
日中韓にあるもの~漢字~
2001年8月
インタビューを通じて
2001年7月
日韓交流中断について考える
2001年6月
北朝鮮を知りすぎた医者を通じて
2001年5月
田中外相の更迭を
2001年4月
金正男事件を通じて
2001年3月
教科書問題を通じて
2001年2月
日本・シンガポールFTAを通じて
2001年1月
金正日総書記訪中と改革開放
2000年12月
この1年を振り返って
2000年11月
国際交流の必要性
2000年10月
長野県知事選で感じた事
2000年9月
急げ!! 在日外国人参政権付与
2000年8月
日韓自由貿易圏の前にすべきこと
2000年7月
正すべき日本の北朝鮮への姿勢
2000年6月
日本文化開放の残された課題
2000年5月
韓国政治の現状
2000年4月
韓国総選挙を通じて

塾報

2002年1月
現実的な北朝鮮政策への再考を
2001年7月
信頼構築が国家の繁栄を導く
2001年3月
日韓自由貿易圏はできる
ページの先頭へ